軍用ハイテクが一般人の暮らしを変える

2017年 5月9日

 中国航天科工集団公司第三研究院傘下の天津津航技術物理研究所は、国内で最も早く光電気技術の研究に従事した軍需中央企業だ。同企業において、このほど噂されているカモフラージュ対策、テロ対策など一連の軍用「ハイテク」を取材した。これらのハイテクは若き科学研究者の手にかかり、一般人の役に立つ民間用科学技術に華麗に変身し、人々の生活に変化をもたらしている。中国青年網が伝えた。
 同研究所第五研究室のチームを率いる孟軍合主任は、「わが国の難しい外科手術が可能な一流病院で用いられている手術用顕微鏡は、完全に輸入に依存している」と語る。月探査機「嫦娥3号」に自主開発した月探査レンズを取り付けたことがあるとし、現在は宇宙というマクロな世界から人体のミクロな世界に目を向け直しているのだという。
 彼らが開発した月探査レンズは同年、嫦娥3号着陸器の地形カメラに取り付けられた。カメラは五星紅旗を掲げる月面ローバー「玉兎号」の写真を伝送した。孟氏は「当時は問題が山積していた。太陽の紫外線と粒子放射線の照射、真空、月の日中と夜の200度以上の気温差などを克服しなければならなかった。チームが最終的に開発した光学レンズの重さは計画を25%下回り、品質も予想以上だった」と話した。
 月探査レンズの技術を手術室に持ち込み、開発を行う。これも複雑で系統的なプロジェクトだ。孟氏は、「光学設計、機械設計、先進製造、電子・電気、ソフトなどの各分野に跨る。レンズだけでなく、顕微鏡の各種部品も自主開発しなければならなかった。チームは2年の月日をかけ、ハイエンド手術用顕微鏡のすべてのコア技術を把握し、試作品を生産した。コストは輸入製品を大きく下回り、一般的な患者に利益をもたらすことができる」と話した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/4/25更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(1)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/4/21更新
「銀行間市場金利の上昇」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/4/28更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

2017/4/28更新
「深セン市で第15回『中国国際人材交流大会』=内外から1万7800人が参加―中国」

中国の法律事情

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/28更新
「『静嘉堂』の過去と現在」

中国実感

2017/4/27更新
「神ってるドラマ? 神劇(シェンジュイ)、必死(ビース)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,841,778