中国科学院の国際的な影響力拡大

2017年 5月10日

 国務院新聞弁公室は9日午前、中国科学院の科学技術による「一帯一路」(the belt and road)建設支援に関する成果の発表会を開いた。人民網が伝えた。
 中国科学院の白春礼院長は会場で、次のように述べた。
 中国科学院は近年、一帯一路という戦略的枠組みのもと、「国際化推進戦略」の計画と実施を加速させた。中国科学院全体の国際協力水準と国際化の程度が著しく向上した。
 まず、国際科学技術交流が成長を続け、協力ネットワークが拡大を続けている。毎年、国際交流規模は、延べ3億人以上となっている。中国科学院は毎年、各種国際学術会議を平均で延べ350回ほど開催しており、ほぼ毎日国際会議を開いていることになる。中国科学院は世界の60数ヶ国・地域の主要教育機関と、200件以上の研究院級国際協力協定、1000件以上の研究所一級協力協定に署名している。
 このような国際交流・協力を通じ、多くの科学技術革新成果を生み、国際交流・協力を拡大させている。例えば先ごろは大亜湾でニュートリノの測量を行い、世界で初めてその方法を発見したが、これは国際交流・協力の重要な成果だ。十数ヶ国・地域の科学者数百人が、この国際交流・協力プロジェクトに参加している。
 さらに中国科学院の国際科学界における影響力と発言権が、急速に拡大している。中国科学院は重要な国際科学技術機関や重要な国際的刊行物において、延べ600人以上が重要な役目を担っている。発展途上国における科学振興のための世界科学アカデミー(TWAS)には、95ヶ国・地域の1000人以上の会員がいるが、この世界的で総合的な国際機関の高官就任で歴史的な進展を実現している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/4/25更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(1)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/4/21更新
「銀行間市場金利の上昇」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/4/28更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

New

2017/5/9更新
「比類ないネットワーク持つ外国専門人材の窓口機関=改革開放後は人材交流にも力―中国外国専家局」

中国の法律事情

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/28更新
「『静嘉堂』の過去と現在」

中国実感

2017/4/27更新
「神ってるドラマ? 神劇(シェンジュイ)、必死(ビース)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,841,778