月探査機「嫦娥5号」、飛行プランを初公開

2017年 6月12日

 先ごろ閉幕した世界宇宙探査大会2017において、中国航天科技集団チーフエンジニア、月探査第3期プロジェクト副チーフエンジニアの孫為鋼氏は「中国月探査第3期プロジェクトは新たに開発された長征5号ロケットを使い、新設された海南発射場から、新型月探査機・嫦娥5号を打ち上げる」ことを明らかにし、同プロジェクトの全体プランを発表した。これには初公開となる嫦娥5号の飛行プランが含まれる。中国青年報が伝えた。
 今回、長征5号が重さ8トン以上の嫦娥5号を、月トランスファー軌道に送る。
探査機はロケットから切り離された後、月トランスファー飛行及び軌道修正を行い、月の近くで制動し、月周回軌道に入る。
 探査機は月周回中に、着陸・上昇モジュールと軌道・帰還モジュールの複合体に分かれる。軌道・帰還モジュールは月周回飛行を続け、着陸・上昇モジュールは軌道変更と動力下降により、月面の予定エリアで軟着陸する。
 着陸・上昇モジュールは着陸後、月面サンプルの収集とパッケージングを行う。その後、上昇モジュールが複合体から分離され、月面点火・離陸によりドッキング軌道に入る。
 帰還モジュールは上昇モジュールとドッキング後、月面サンプルを上昇モジュールから帰還モジュール内に移し、そこから、再び上昇モジュールを切り離す。
 帰還モジュールは月・地球トランスファー軌道に入り、地球から一定の高さで帰還モジュールが分離する。
 帰還モジュールは半軌道ジャンプにより大気圏に再突入し、最終的に地面の着陸場に落下する。
 中国月探査プロジェクトは、3期に分け実施される。1期は嫦娥1号・2号で、月周回探査を実現。2期は嫦娥3号・4号で、月面軟着陸と自動巡回・探査を実現。3期は嫦娥5号・6号で、自動サンプル回収・帰還を実現する。この3期の任務は「周回・着陸・帰還」と呼ばれる。
 嫦娥5号は月探査第3期プロジェクトを担当し、月面無人サンプル回収・帰還をその目標としている。設計によると、嫦娥5号は軌道モジュール、帰還モジュール、着陸モジュール、上昇モジュールの4つに分かれており、発射時には4つが連なる構造となる。
 孫氏によると、月探査第3期プロジェクトは複雑な計画を採用している。孫氏は、「輸送能力と探査機をさらに拡大し、生命維持システムを追加し、製品の安全性と信頼性を高めれば、有人月上陸の能力を手にすることができる」と説明した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/5/25更新
「『一帯一路』と人民元の国際化」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

2017/5/31更新
最新テーマ: ライフサイエンス

取材リポート

New

2017/6/12更新
「日立造船の下水処理システム広東省で実証試験」

中国の法律事情

2017/6/5更新
「間もなく施行される中国「自動車販売管理弁法」について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/6/12更新
「日本に胎動する『中国』――テーマパークとしての「横浜中華街」とリアル中国としての「東京中華街」?」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:51,649,254