続く海の温暖化、新たな証拠を発見

2017年 7月3日

 世界の地表温度の上昇率は1998年以降にやや低下し、国内外で「地球温暖化停滞」をめぐる議論が交わされた。「Climate Dynamics」誌(電子版)は先ごろ、中国と米国の科学者による共同研究の成果を発表した。資料によって差があるが、各年代のスケールで見ると世界の海洋は温暖化を続けており、1998年以降も地球温暖化が加速している。科技日報が伝えた。
 同論文の筆頭著者で中国科学院大気物理研究所の成里京副研究員は取材に対し、「1998年以降、地表温度の上昇率のみがやや低下しただけで、地球温暖化が停滞したわけではない。海洋は地球温暖化の9割以上のエネルギーを吸収するため、海洋の熱含有量の変化が気候変動を調べる重要な指標となっている」と指摘した。
 同研究チームは「地表温度上昇の低下期」(1998−2012年)及びその前の段階(1983−98年)の、異なる海盆・海洋の熱含有量の相対的な変化を比較し、海盆間に明らかな熱量再分配が存在することに気づいた。1998年以降、各海盆は世界の海洋の熱吸収で平均的に貢献し、特定の海盆が主導的地位を占めることはなかった。各海盆の温度上昇率の低下の重要性に関する議論は、熱含有量の計算深度の選択と関連しており、また資料間の差によるものでもある。現在よく使用されている英日両国のデータに、なぜこれほど大きな差があるのだろうか。成氏は、「日本のデータは前世紀の南半球における温暖化のペースを過小評価しており、英国のデータは表層の温度上昇率を約90%低く見積もっている」と指摘した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/6/14更新
「宇宙開発」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/6/29更新
「人民元為替レート決定方式の変更」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

New

2017/6/30更新
最新テーマ: ICT分野

取材リポート

2017/6/27更新
「模倣品・海賊版対策の相談件数過去最大に 相手国別では中国」

中国の法律事情

2017/6/14更新
「民法総則の歴史的意義」について」

日中交流の過去・現在・未来

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/6/20更新
「中国の「中国朝鮮族学校の教育事情―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/6/12更新
「日本に胎動する『中国』――テーマパークとしての「横浜中華街」とリアル中国としての「東京中華街」?」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

他機関のイベント情報


CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:52,112,411