中国のビッグデータ産業、応用分野の規模は世界一

2017年 7月11日

 中国電子情報産業発展研究院の樊会文副院長は、記者のインタビューに応じた際に、「中国は世界各国と同じく、ビッグデータの発展で初期段階にある。中国はデータ収集・応用に秀でている。しかしデータ処理・分析の技術とツールでは、いまだ先進国との間に大きな差が存在する」と話した。経済日報が伝えた。
 中国工業・情報化部(省)賽迪研究院ソフト研究所の潘文所長は、「中国のビッグデータの世界への貢献は、主に3つある」と説明し、以下の三点を挙げた。(1)ビッグデータの革新的な応用(特に消費面)。(2)IT企業、ベンチャー企業が技術革新をけん引し、特に音声認識、画像理解、テキスト発掘などのスター企業の登場。(3)中国はすでにデータの生成・蓄積量が最大の、データの種類が最も豊富な国の一つになっている点。
 アップルは米国でモバイル決済を長年に渡り展開してきたが、大きな成果を手にしていない。中国ではレストラン、スーパー、さらに野菜市場の屋台でもモバイル決済が利用できる。公式データによると、中国の2016年のモバイル決済規模は、米国の50倍に及ぶ。世界各国と比べ、中国はビッグデータの規模で上位につけている。中国で地域を跨ぎインターネットデータセンター事業を展開する企業は295社に達する。工業・情報化部(省)情報化とソフトサービス業司の李冠宇副司長は、「中国のネットユーザー数は7億人を上回り、携帯電話利用者数は13億人を突破し、いずれも世界最多となっている。中国はデータ生成・蓄積量が世界最大の、種類が最も豊富な国の一つだ」と指摘した。
 運満満研究院の徐強院長は、「各国のビッグデータの長所は異なっており、現時点ではどこが特に優れていると判断することはできない。例えば日本は医療・交通面に強く、欧州はデータ保護で先頭を走っており、シンガポールは電子行政で抜きん出ている。ビッグデータコア技術で先頭を行く米国であっても、スマート物流やモバイル決済などの垂直応用分野では中国に劣る」と話した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/6/14更新
「宇宙開発」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/6/29更新
「人民元為替レート決定方式の変更」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

New

2017/6/30更新
最新テーマ: ICT分野

取材リポート

New

2017/7/5更新
「社会発展と若者の未来のために協力を 万鋼中国科学部長ら日中シンポで呼びかけ」

中国の法律事情

2017/6/14更新
「民法総則の歴史的意義」について」

日中交流の過去・現在・未来

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/6/20更新
「中国の「中国朝鮮族学校の教育事情―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/7/11更新
「中国における常滑焼朱泥急須」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

他機関のイベント情報


CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:52,187,681