中国は時速600キロの高速リニア列車を研究開発中

2017年 9月5日

 中車工業研究院の孫幇副院長は先月31日、国家重点研究開発計画重点特別プロジェクト動員会で「この重点特別プロジェクトには、時速120−600キロの各車種の開発が含まれ、旅客輸送も貨物輸送も含まれる。プロジェクトは10大任務に分かれ、総経費は90億元(1元は約16.74円)を突破する」と報告した。科技日報が伝えた。
 中国航天科工集団が30日に発表した「高速飛行列車」がまだ研究と論証の段階に留まっているのに対して、孫氏が取り上げた先進レール交通重点特別プロジェクトは2016年に立案された、中国科学技術部(省)の18の国家重点研究開発計画の一つだ。すでにプロジェクト研究作業が始まっており、2021年に任務を完了する予定だ。
 記者が後日、中国中車集団を取材したところ、先進レール交通重点特別プロジェクトの「各車種」には、具体的に6車種が含まれることがわかった。うち貨物列車が3種で、高速列車は1種、リニア列車は2種。リニア2種の開発には、時速600キロの高速リニアと200キロの中速リニアが含まれる。
 山東省委員会常務委員、常務副省長の李群氏は先月24日、「中国初の実用可能な高速リニア列車は2018年に山東省でラインオフし、2019年に5キロの試験線、2020年に30キロの試験線を実現する」と表明した。
 時速200キロの中速リニアは、主に郊外の運行区間に焦点を絞る。関係者によると、リニア列車はレースと接触せず、1センチほどの隙間があるため、騒音が少なく、鉄道建設により立ち退き範囲が大きく縮小される。報道によると、北京初のリニア線は6月5日、門頭溝区で電力を使用した試験を終え、年末にも試験運行を開始する予定だ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/8/10更新
「中国の民主化は若者の意識変化にかかる」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

2017/7/28更新
「ゴーストタウンのモデルと言われたオルドスのその後(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/8/4更新
「第5回全国金融工作会議の開催」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

2017/7/28更新
最新テーマ: 宇宙・航空分野

取材リポート

2017/8/24更新
「日韓が上位占めるも数では中国 イノベーション評価アジア大学ランキング」

中国の法律事情

2017/8/24更新
「法人分類の再編」

日中交流の過去・現在・未来

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/7/11更新
「中国における常滑焼朱泥急須」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:53,414,924