インターネットが中国人の生活を便利に、QRコードが大活躍

2017年 10月10日

 1分間で中国のインターネットでは何が起きるだろうか。海外のビッグデータ企業はこの問題に回答し、中国のインターネットの規模を興味深く解説した。1分間で、配車アプリ「滴滴打車」のタクシー1388台、自家用車2777台を呼び出すことができる。微信(Wechat)で39万5833人が同時に利用し、1万9444人が動画もしくは音声によるチャットを利用することができる。ネット通販の淘宝網と天猫(Tmall)で、774人が商品を購入することができる。人民日報海外版が伝えた。
 統計データによると、中国のネットユーザー数は約7億人に達する。インターネットは各地の各業界に浸透し、人々の衣食住に影響を及ぼしている。今や多くの人はスマホ1台だけで、生活のさまざまな需要を満たすことができる。これはインターネットの速度と利便性を示している。
 トムさんは豪州出身の若者で、杭州で6年間生活している。モバイルインターネットが発展した中国の生活に慣れた彼は、今やスマホを手放すことができないと考えている。トムさんはこのほど米国の友人を連れ、キャッシュレスな一日を体験させた。
 トムさんは、「私たちは一銭も持たず、スマホだけを手に外出した。路傍で焼餅(シャオビン)を売っていれば、二人で数個購入した。小さな屋台でも、微信と支付宝(アリペイ)を利用可能で、QRコードをスキャンし決済できる。焼餅を食べ終えると、野菜市場に行った。ネギ1本買うだけでもスキャンによる決済が可能で、お釣りを出す手間が省けた。それから公共バスに乗り、シェア自転車を利用し、髪を切るなど、何をしてもQRコードをスキャンして決済でき、本当に便利だ。米国の友人はこれに感心していた」と話す。
 当然ながらスキャンの利用は、電子決済だけに留まらない。例えば観光地や展覧会を見学する際に、多くの古跡と展示品にはQRコードが用意されている。これをスキャンすることで、より具体的な文字もしくは動画による情報を目にし、音声による解説を耳にすることができる。こうすれば見学で、より大きな収穫を手にできる。ネットユーザーは、「これらの解説・紹介は形式多様で内容が豊富だ。さらには多言語対応もあり、ガイドを雇ったようだ」とコメントしている。また特に薬品や生鮮食品など一部の商品のQRコードをスキャンすることで、消費者は偽造防止商標、認証監督管理コードがあるかを知り、それから生産と輸送の流れを理解することで、真偽と安全性を判断できる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

New

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/9/11更新
「中国の金融政策の枠組み」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/10/2更新
最新テーマ: 資源

取材リポート

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/10/5更新
「歳月を経てさらに盛り上がる中日協力―白芨灘生態協力の24年」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/9/28更新
「宋明代の士大夫の生活における日本の摺扇」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,052,749