中国の再利用可能ロケット、2020年に打ち上げへ

2017年 11月1日

 安くスムーズに宇宙と地球の間を往復することは、常に宇宙技術発展が追求する目標だ。近年注目を浴びている米スペースX社はファルコン9の回収と再利用により、宇宙事業のコスト削減で大きな一歩を踏み出した。中国航天科技集団公司第一研究院が発表した情報によると、同研究院は国内の関連機関と共に再利用可能ロケットを共同開発しており、2020年頃の初打ち上げを予定している。単位あたりペイロード輸送コストを、現在の一度しか使用できないロケットの10分の1とし、打ち上げ準備期間を大幅に短縮し、航空機のように時間を決めて宇宙と地球を往復させることが最終目標だ。科技日報が伝えた。
 同研究院研究開発センター総体室の陳洪波主任によると、再利用可能ロケットとは、自らの動力により人員もしくはペイロードを予定の軌道に打ち上げた後、軌道から地上に帰還し、何度も使用できる宇宙輸送ツールのことだ。
 ファルコン9と比べ、同ロケットの組み合わせ及び回収方法は異なる。陳主任によると、ファルコン9と従来のロケットは、各部分を連結させていた。同ロケットの打ち上げ方法は従来のロケットと同じ垂直打ち上げだが、第1・2段を一つにまとめ、第1段が第2段を背負うようなスタイルで、第2段の中にペイロード室を設ける。回収する際に、ファルコン9号の第1段は海上プラットフォームもしくは陸上回収エリアに垂直落下するが、第2段の回収は現時点で実現されていない。中国が開発する再利用可能ロケットの第1・2段は任務完遂後、各自着陸場に帰還する。
 スペースXは以前、ファルコン9の第1段を回収することで、将来的に宇宙船打ち上げコストを80%削減できると表明した。中国の再利用可能ロケットの目標は、これに近い。陳主任は、「同ロケットの設計上の重複使用回数は20回以上で、初期目標では単位あたりペイロードの輸送コストを現在の5分の1とし、将来的には10分の1にする」と説明した。
 打ち上げコストを削減するほか、打ち上げ準備期間も大幅に短縮される。科技日報の調べによると、従来のロケットの打ち上げ期間は数ヶ月に及ぶ。国内の準備期間が短いことで知られる小型ロケット「快舟」シリーズも約1週間かかる。陳主任によると、同ロケットは宇宙分野の迅速検査・測定の理念と技術を導入し、1日1回の飛行能力を目指すという。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

2017/10/20更新
「植物-微生物共生機能テーマに日中共同研究スタート」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/10/24更新
「『化学』の理想に捧げた一生」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

New

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,661,941