北斗測位システムがグローバルネットワークの構築を開始

2017年 11月7日

 四川省の西昌衛星発射センターで5日午後7時45分、長征3号ロケットが北斗衛星2基の打ち上げに成功した。この2基は円軌道衛星で、北斗3号グローバルネットワーク衛星の1・2号機だ。これが軌道に乗ったことで、北斗衛星測位システムのグローバルネットワークの構築が始まった。人民日報が伝えた。

◆応用に進展
 測位精度が2-3倍に向上、民間ユーザーに誤差10メートル内の無料測位サービスを提供
 同2基は試験とネットワーク投入検証を終えた後で、対外的にサービスを提供できるようになる。グローバルネットワーク構築の初期段階に、北斗システムは真の世界衛星測位システムに近づき、北斗システムのグローバルなサービス展開を加速させる。
 北斗3号の建設は、中国の北斗システム「3ステップ」発展戦力の3歩目となる。北斗2号と比べ、北斗3号は衛星ネットワークが地域から世界に進出し、技術もより先進的で、建設もより大規模で、系統性が高い。北斗3号衛星はより高性能な相互操作信号を追加し、基本的な測位サービス能力を高めた上で、国際標準に基づき衛星強化サービスと捜索・救助サービスを提供する。北斗3号は水素原子時計を搭載しており、その精度は北斗2号のルビジウム原子時計より一桁優れている。
 また北斗3号グローバル測位システムの精度は2-3倍向上し、誤差2.5-5メートルの水準に達する。構築後の同システムは民間ユーザーに誤差約10メートルの測位サービス、0.2メートル毎秒の速度測定サービスを提供し、有料ユーザーにより高精度なサービスを提供する。また衛星の設計上の耐用年数は10年以上。北斗地上強化システムが初歩的サービスを提供することに伴い、メートル級、準メートル級、デシメートル級、さらにはセンチメートル級のサービスを提供する。これにより北斗システムの精度は、米国のGPSと肩を並べることになる。
 中国の北斗には独自性がある。中国航天科技集団第五研究院北斗3号プロジェクト副チーフデザイナー、衛星首席チーフデザイナーの謝軍氏によると、北斗3号の開発者は域外衛星のデータ伝送ルートを解決するため、衛星間リンク技術の難関を突破した。地球の裏側にある北斗衛星が見えなくても、衛星間リンクにより連絡を実現する。これは北斗グローバル測位システムの建設の大きな特長だ。
 また北斗3号は北斗2号のショートメール機能を留め、関連機能を強化する。軌道上を飛行中の北斗測位衛星は、円軌道、地球静止軌道、対地同期傾斜軌道上にある。円軌道衛星は全世界を回ることのできる、GPSなどの測位システムが使用している共通軌道だ。地球静止軌道は通常、通信衛星に用いられる。同軌道を飛行する北斗衛星は通信機能を発揮し、ショートメールなど特色ある機能を持つことができる。ショートメールと測位を結びつけている点が、中国の北斗測位システムの大きな特長だ。
 中国は今回の任務より、北斗ネットワーク衛星の高密度打ち上げの段階を迎える。計画によると、2018年までに北斗3号グローバルネットワーク衛星18基を打ち上げ、「一帯一路」(the Belt and Road)関連国をカバーする。2020年頃までには30基以上を打ち上げ、グローバルサービス能力を実現する。

◆未来の新展開
 「北斗地上強化ネットワーク+高精度測位サービスネットワーク+ブロードバンドモバイルネットワーク」を実現へ
 専門家は、「北斗3号グローバルネットワークの構築の加速、最終的な構築完了に伴い、より多くの国とユーザーが北斗システムを使用するようになる。北斗応用の普及と産業化をけん引し、北斗の海外・世界進出を促す」と予想した。
 情報によると、現在の北斗測位チップモジュールの販売量は3000万個を突破しており、高精度ボードとアンテナの販売量は国内市場でそれぞれ30%と90%のシェアを占めている。かつ一帯一路関連の30数ヶ国・地域を含む、70数ヶ国・地域に輸出されている。スマートフォンやその他の消費財に使用されている国産チップもしくはIPコアの数は約2200万個にのぼる。
 北斗高精度サービスについては、国家北斗地上強化システムをベースとする大衆向けの、手に取って触り需要に基づき用いることができる、公共サービスの開発と提供が進められている。
 北斗の高精度により、携帯電話の測位の誤差は1メートルまで縮小される。特に衛星の電波が届きにくく、短時間内に完全に遮断される場合(高架橋の下、トンネル内、車庫内など)、携帯端末は高精度測位ソリューションプランの強化測位サービスにより測位を実現する。
 シェア自転車への応用に関しては、北斗高精度測位が誤差を1メートルまで縮めるため、自転車を見つけやすくなる。また北斗高精度は電子柵を提供する。センチメートル級の測位により数を測定し、高精度測位機能が搭載されているシェア自転車が規定エリア内に駐輪されているかを判断する。規範的な駐輪を促し、都市管理コストを引き下げる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

New

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2017/11/2更新
「心筋梗塞治療に期待の細胞組織作製 劉莉京都大学准教授ら日中の研究者」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/10/24更新
「『化学』の理想に捧げた一生」

日中の教育最前線

New

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,661,941