暗黒物質粒子探査衛星「悟空」、最高精度の宇宙電子線スペクトルを入手

2017年 12月1日

 中国初の暗黒物質粒子探査衛星「悟空」は軌道上を飛行してから約2年が経過し、このほど、世界で精度が最高の宇宙電子線探査結果を入手した。この結果は科学者の宇宙暗黒物質への理解を深める可能性がある。関連論文は本日未明、有名学術誌「ネイチャー」(電子版)に掲載された。人民網が伝えた。

◆最も正確な観測、オリジナルの発見か
 科学研究者によると、同衛星は軌道上の飛行を開始してから530日間に渡り、約28億本の高エネルギー宇宙放射線を収集した(150万個の高エネルギー電子を含む)。科学研究者はこれらのデータに基づき、世界で精度が最高の宇宙電子線探査結果を入手した。
 米国のフェルミなどの海外の宇宙探査設備と比べ、悟空はエネルギー測定範囲、スペクトルの正確性などの性能が向上しており、さらには宇宙電子線スペクトルの1TeV(エネルギー単位)付近の屈曲を直接測定した。
 暗黒物質衛星首席科学者の常進氏は、「この屈曲は宇宙中・高エネルギー電子放射源の典型的な加速能力を反映しており、一部の宇宙電子線が暗黒物質により生まれたかどうかを判断する上で重要な効果を発揮する」と指摘した。
 今回最も注目を集めた発見は、スペクトルの高エネルギー帯で見られた「異常」データで、スペクトル曲線が尖っていた。悟空のデータ分析に参加した中国科学院紫金山天文台の范一中研究員は記者に対して、「これはそこにエネルギーの詳細な構造が存在することを示している。分析によると、この構造が生まれた原因は、暗黒物質である可能性が最も高い。しかし、さらに多くのデータによって確認する必要がある」と話した。
 范氏は、「これが確認されれば、粒子物理もしくは天体物理のオリジナルの発見になる。悟空は良好なコンディションで飛行中で、深宇宙のさらに多くのデータを集めている」と述べた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

New

2017/11/29更新
「19回党大会報告の留意点」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/11/20更新
「党大会時の金融当局者の発言」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2017/11/30更新
「高被引用論文研究者数で中国3位に クラリベイト・アナリティクス社発表」

中国の法律事情

2017/11/24更新
「法治啓蒙は法曹人から?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/11/27更新
「全身全霊で研究に取り込んだ日々」

日中の教育最前線

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:55,394,440