CO2車載観測装置、炭素衛星と協力し北京周辺の濃度を測定

2018年 1月8日

 中国科学院大気物理研究所が実施する「CO2を追跡――北京・天津・河北地区冬季CO2濃度強化観測」が6日、終了した。今回の観測では自動車によるCO2移動観測を実現し、さらに中国初の車両移動観測と炭素衛星の「協力」による天地立体型観測を完了した。科技日報が伝えた。
 CO2移動観測は昨年12月29日午前に正式に始まった。観測車両に同乗し、研究チームと共に河北省雄安での観測を取材した。小型のCO2観測装置はフロントガラスの底部に取り付けられており、インターネットを通じて観測データをリアルタイムで同研究所のデータ観測拠点に伝送できる。観測車両は国道、郷村級道路、高速道路を走行し、都市部と農村部を訪れ、GPSにより通過地域のCO2濃度を正確に記録していった。
 プロジェクトチームは今回、8本の路線で移動観測活動を行った。これには北京市内、北京市門頭溝区霊山、天津市、承徳市、張家口市、唐山市、保定市、雄安新区の8路線となっている。
 プロジェクト責任者で同研究所研究員の曾寧氏によると、今回の移動観測では中国が打ち上げた炭素衛星による観測も利用された。例えば先月29日に北京市内で行われた移動観測では、炭素衛星が午後1時30分頃にちょうど北京上空を通過した。炭素衛星は標的モードを採用し、傾斜角を適時調整し、地上の車両移動観測エリアを重点的に観測した。曾寧氏は、「この2つのデータを結びつけることで、観測がより正確になる」とした。
 科学者は今回の観測で、北京・天津・河北地区のより全面的なCO2濃度データを入手した。これは炭素排出源を正確に特定し、合理的に排出削減を計画するため技術サポートを提供することとなる。また独立した信頼性の高いCO2第3者観測データの提供に向け、有益な模索を行ったことになる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/12/27更新
「挨拶からみる世相の変化」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/11/29更新
「19回党大会報告の留意点」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/12/18更新
「IMFの中国金融安定評価レポート」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

New

2017/12/25更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

New

2018/1/4更新
「広東省のアルミ、紡績工場で日中協力の省エネ実証事業」

中国の法律事情

New

2017/12/27更新
「中国における職業的クレーマーの是非について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2017/12/14更新
「中国の高校生の科目選択と「高中学業水平考試(高校学業レベル試験)」について-当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,026,732