台湾地区の花蓮県でM6.5の地震、地震が続く理由は?

2018年 2月8日

 台湾地区花蓮県の沖合で6日午後11時50分、M6.5の地震が発生した。震源地は北緯24.13度、東経121.71度、震源の深さは11.0キロ。8日午前6時までに死亡者9人と負傷者200人以上が確認されている。科技日報が伝えた。
 中国地震台網センターの情報によると、M6.5の地震が発生する以前にも、花蓮県沖では4日よりM5.0以上の地震が立て続けに発生しており、現地の住民は強い揺れを感じていた。4日にはM6.4、6日にはさらにM6.5の地震が発生した。この2回のM6レベル以上の地震はいずれも花蓮県沖で発生しており、震源地はわずか8キロしか離れていなかった。
 同センター副主任で研究員の劉桂萍氏は記者に対して、「台湾地区は環太平洋地震帯の西部に位置する多くのプレートが交わる場所にある。フィリピンプレートが太平洋プレートの西への押し込みを受け、ユーラシアプレートの下に潜り込むことで、同地域で地震が多発する。今回の地震は群発地震で、余震が長く頻繁に続くだけでなく、同規模の地震が発生する可能性もある」と指摘した。統計データによると、4日のM6.4の地震の発生から7日午前8時まで、M5レベルの余震が4回、M4レベルが10回記録されている。
 福建省でも地震が発生するのではという憶測について、専門家は科学的根拠はないとしている。群発地震は通常30−50キロの範囲内であり、今回の震源地は福建省からはやや遠い。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/1/29更新
「日本の対中直接投資の動向」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/1/31更新
最新テーマ: 原子力

取材リポート

2018/2/5更新
「太陽光パネル付きEVでCO 削減 中国特に効果大とNEDO試算」

中国の法律事情

2018/1/29更新
「法はチャイニーズ・スタンダードを推進する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/1/31更新
「中国科学院、次期「中長期科学技術発展計画」の策定準備に」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,714,947