中国が研究を展開している宇宙原子力技術とは?

2018年 3月9日

 全人代代表、中国航天科技集団第六研究院長の劉志譲氏はこのほど記者に対して、「当院は国内の原子力研究・設計部門と共同で、宇宙原子力案の論証と重要技術の研究作業を展開している。今後は核熱や原子力発電などの複数の案を形成し、宇宙事業の適応性を広げていく」とした。科技日報が伝えた。
 中国が発表した「2017−45年宇宙輸送システム発展ルートマップ」は、2040年頃まで原子力スペースシャトルで重大な進展を実現するとした。
 劉氏によると、現役の液体燃料ロケットエンジンは化学推進であり、比推力が推進剤そのものの化学エネルギーの制限を受けるため、未来の有人火星探査や大型惑星間貨物輸送などの任務における需要を十分満たすことが難しい。
 核熱ロケットエンジンは通常、水素を推進剤とする。100MW以上の原子炉を使い水素を超高温に加熱すると、比推力が水素・酸素エンジンの2倍以上に達し、推力が理論上は100トン級に達する。劉氏は、「例えば現在ならば、地球から火星に移動するには約8ヶ月が必要だが、大推力原子力宇宙船を採用すれば、飛行時間を1ヶ月半まで短縮できる」とした。
 しかし宇宙原子力技術は、難易度が極めて高い。情報によると、米国と旧ソ連は1950年代にシステムプラン、重要技術、試作機の研究を行った。試験・検証条件、核安全及び防護などの難題があり、現在までも実用化の成果を手にしていない。劉氏は、「原子力システムは大規模かつ重量で、関連施設が複雑なため、宇宙事業に用いるならば各方面の条件で制限を受ける」と指摘した。
 さらに専門家によると、原子力を有人宇宙船に使用するならば、放射線防護技術の突破が必要となる。これができなければ、宇宙飛行士は毎日8回のX線検査を受ける程度の放射線にさらされることになる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/2/27更新
「M2の伸び率低下と人民銀行の金融政策」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/1/31更新
最新テーマ: 原子力

取材リポート

New

2018/3//9更新
「野生生物の違法取引撲滅で連合体結成 中国や米国の電子商取引企業など」

中国の法律事情

2018/2/19更新
「ネット社会を窒息させるのは誰か?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2018/3/8更新
「上を目指す視点を磨いた藤嶋イズムの研究室」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/2/15更新
「神戸大学と中国科学院大学が学術交流協定締結、JSTも協力」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:57,376,637