中国が開発中の新型スパコンの性能は100京級

2018年 3月9日

 中国が開発中の100京級スパコン「天河3号」は、2020年頃に完成機システムの設置完了を予定している。天河3号の浮動小数点演算能力は10の18乗に達し、「天河1号」の200倍となり、世界初の100京級スパコンになる。しかも天河3号は国産チップと国産OS、自主運行・計算環境を持ち、「中国の革新」の大きな魅力を示すことになる。人民日報が伝えた。
 スパコンは世界ハイエンド情報技術分野の戦略的要衝であり、科学技術競争力及び総合的な国力を示す重要な象徴でもある。米国や日本などの世界主要スパコン強国も100京級スパコンを開発中だ。しかしその開発の難易度は高いため、米日は開発達成時期を2022年まで延期している。
 中国は8年前に初のペタFLOPS級スパコンである天河1号を開発し、同年に世界スパコンランキング「TOP500」の首位になった。毎秒2570兆回の浮動小数点演算を維持し、ピーク値が4700兆回に達した。1時間の演算量は、中国人13億人による340年以上の計算に相当する。
 しかし世界では、中国のスパコンは速いことは速いが、単純に速度を追求する実用性のない単なる大きなゲーム機にすぎないと疑問視する声がささやかれている。こうした疑問に対し、天河1号の開発に参加した専門家、中国国家スパコン天津センター応用研究開発部長である孟祥飛氏(39)は、事実によって回答した。天河1号プラットフォームがオンラインで行っている研究開発任務は毎日約1400件に達し、約1万件の計算を毎日行っている。これらの任務は、全国20以上の省・直轄市の1600以上の科学研究チーム及び企業によるものだ。この任務規模は欧米スパコンセンターの2−3倍に達し、ピーク時には順番待ちをする必要があるほどとなっている。
 孟氏は、「地球のCTスキャンや新型原子炉の開発、国産大型機の研究、海上掘削プラットフォームなどがスパコンを必要としている。我々はデータにより、中国のスパコンが実用的で使いやすいことを証明している」と話した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/2/27更新
「M2の伸び率低下と人民銀行の金融政策」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/1/31更新
最新テーマ: 原子力

取材リポート

New

2018/3//9更新
「野生生物の違法取引撲滅で連合体結成 中国や米国の電子商取引企業など」

中国の法律事情

2018/2/19更新
「ネット社会を窒息させるのは誰か?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2018/3/8更新
「上を目指す視点を磨いた藤嶋イズムの研究室」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/2/15更新
「神戸大学と中国科学院大学が学術交流協定締結、JSTも協力」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:57,376,637