中国の気温上昇率が世界平均水準を上回る

2018年 4月4日

 中国気象局は北京市で3日、2018年版の「中国気候変動青書」を発表した。それによると、中国の地表の年平均気温は1901年から2017年までの間に上昇傾向を示しており、なかでも過去20年間は、20世紀初以降、最も暖かい時期となっていることを明らかにしている。科技日報が伝えた。
 国家気候センターの巣清塵副主任によると、中国は世界的な気候変動に対して敏感であり、かつ影響が甚だしい地域でもあるということだ。中国の1951年から2017年までの地表年平均気温は10年毎に0.24度上がっており、その程度は同期の世界平均水準を上回っている。また地域差が激しく、北方の気温上昇率は南方を上回り、西部は東部を上回っている。なかでも青海省とチベット自治区の気温上昇率が最大となっている。2017年は中国にとって異常に暖かい年となっており、地表年平均気温は20世紀初以降の最高水準に近づいた。
 降水量を見ると、中国の1961年から2017年までの年平均降水量には大幅な増減は見られない。1990年代は降水量が多めで、00年代は少なめ。2012年以降は多めとなっている。21世紀初以降、華北・華南・西北地区の年平均降水量は変動しつつ増加し、東北・華東地区の年間降水量の振れ幅が最大となっている。中国の2017年の平均降水量は641.3ミリで、例年を1.8%上回った。
 世界的に見ると、2017年の地表年平均気温は1981年から2010年までの平均値(14.3度)を0.46度上回り、産業化前の水準(1850年から1900年までの平均値)を約1.1度上回った。正式に気象観測データがつけられるようになってから2番目に暖かい年となり、またエルニーニョ現象が生じない年としては最も暖かい年となった。
 中国の気温上昇率が世界平均を上回っている理由について、国家気候センター気候変動首席専門家の孫穎氏は、「まず、中国の気候変動には都市化の要素が含まれる。そして中国は大陸であり、一般的に陸地の気温上昇率は、海洋を上回るため」と説明した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/3/15更新
「話し方と聞き方」

富坂聰が斬る!

New

2018/4/4更新
「精日」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/3/14更新
「習近平経済思想とは何か」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/3/28更新
「全国人民代表大会における人民銀行の記者会見」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/2/28更新
最新テーマ: 防災

取材リポート

2018/3/9更新
「野生生物の違法取引撲滅で連合体結成 中国や米国の電子商取引企業など」

中国の法律事情

2018/3/14更新
「憲法改正案から紐解く「夫・婦」の平等」

日中交流の過去・現在・未来

New

2018/4/3更新
「藤嶋昭先生の教育理念から学んだ研究者の真髄」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

New

2018/4/2更新
「北海道大学北京リエゾンオフィス開所式・中国科学院大学丁仲礼学長北海道大学名誉博士学位授与式」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

【試験中】日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:57,858,354