「高分5号」衛星が打ち上げ、大気汚染物質を観測可能

2018年 5月9日

 太原衛星発射センターは9日2時28分、「長征4号丙」ロケットを使い「高分5号」衛星を打ち上げた。同衛星は世界初の大気・陸地総合観測が可能なフルスペクトル・高分解能衛星となる。新華網が伝えた。
 専門家によると、同衛星はスペクトル領域が広く、スペクトル分解能が高く、紫外線から長波赤外線のハイスペクトル観測を可能にしている。なかでも可視光・短波赤外線ハイスペクトルカメラの可視光スペクトル分解能は5ナノメートルで、1枚の紙の厚さの1万分の1に相当する。同衛星は観測手段が豊富で、ハイスペクトル・マルチスペクトル地球イメージング・観測、多角度観測などの手段を備えた中国で観測手段が最も多い光学リモートセンシング衛星となる。
 高分5号はさらに、中国国産衛星では一定エリアの大気汚染ガスを効果的に探査できなかったという空白を補うことになり、大気汚染ガスや温室効果ガス、煙霧質などの物理的要素を観測し、中国の大気汚染状況を動的に反映する。また同衛星は内陸部の水、陸地の生態環境、変質した鉱物、岩石・鉱物の探査が可能だ。中国の環境観測、資源調査、防災・減災などの業界に、高品質で信頼性の高いハイスペクトルデータを提供する。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/3/15更新
「話し方と聞き方」

富坂聰が斬る!

2018/4/4更新
「精日」

和中清の日中論壇

2018/4/23更新
「新しい中国の驚異が始まる」

田中修の中国経済分析

2018/5/1更新
「2018年政府活動報告のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/4/27更新
「金融業の対外開放と準備率の引き下げ」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/4/27更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

New

2018/5/7更新
「日本企業の中国再評価進む みずほ総研のアジアビジネス調査」

中国の法律事情

2018/4/17更新
「中国不正競争防止法の改正及び施行」

日中交流の過去・現在・未来

2018/4/3更新
「藤嶋昭先生の教育理念から学んだ研究者の真髄」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/4/27更新
「日本に渡った秘色青磁」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

New

2018/5/9更新
「研究者への奨励金に税制上の特例措置―大学等の研究成果の実用化促進へ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:57,959,768