潜水艇「蛟竜号」の新母船を「深海1号」と命名

2018年 5月11日

 国家深海基地管理センターが10日発表した情報によると、深海基地で大規模な修理を行っている有人潜水艇「蛟竜号」は、2020年に初の世界航行科学観測任務を実施することになった。同センターの丁忠軍副チーフエンジニアは、蛟竜号の新母船が「深海1号」と命名されたことを発表した。科技日報が伝えた。
 これまで蛟竜号の母船は「向陽紅09」だったが、すでにその耐用期限に達している。新母船は4000トン級科学観測船で、航続距離は1万2000カイリに達する。来年3月頃に引渡しを予定しており、蛟竜号と「海竜号」、「潜竜号」を同時に搭載し、共同作業を展開できる。
 蛟竜号は2012年にマリアナ海溝で、最大設計深度を検証する海上試験を実施し、作業型有人潜水艇の世界記録を更新した。
 またこの5年間で蛟竜号は158回の潜水に成功させており、深海のタクシーのように、研修を受けた科学者を始めとする「乗客」を乗せ、海洋の奥深くで調査・研究を展開してきた。
 昨年末より、蛟竜号は深海基地に戻って大規模な修理と技術アップグレードを行っている。これには主に、▽水中での測位及び目標捜索の能力の向上▽海底付近の地形測量能力の向上▽直接的なサンプル収集の能力の向上――という3つの内容が含まれる。
 丁氏によると、今回の地球一周航行の航路については2つの案があるが、まだ最終決定されていないということで、「中国は公海の海底に複数の鉱産資源調査エリアを持つ。計画ではまず、海洋資源及び環境保護の研究の需要を満たす。地球一周航行は大規模な国際協力プロジェクトであり、海上シルクロード関連国の科学者と共に潜水し、科学観測を実施していく」としている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/3/15更新
「話し方と聞き方」

富坂聰が斬る!

2018/4/4更新
「精日」

和中清の日中論壇

2018/4/23更新
「新しい中国の驚異が始まる」

田中修の中国経済分析

2018/5/1更新
「2018年政府活動報告のポイント」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/4/27更新
「金融業の対外開放と準備率の引き下げ」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

2018/4/27更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

2018/5/7更新
「日本企業の中国再評価進む みずほ総研のアジアビジネス調査」

中国の法律事情

New

2018/5/10更新
「クリーンな公務員の作り方」

日中交流の過去・現在・未来

2018/4/3更新
「藤嶋昭先生の教育理念から学んだ研究者の真髄」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/4/27更新
「日本に渡った秘色青磁」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

New

2018/5/9更新
「研究者への奨励金に税制上の特例措置―大学等の研究成果の実用化促進へ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:58,093,982