中国、空間分解能が最高精度の関連分布図を発表

2018年 5月14日

 中国科学院リモートセンシング・デジタル地球研究所が発表した情報によると、同研究所の何国金氏が率いる研究チームはこのほど、世界で初めて分解能30メートル級分布図「Global Annual Burned Area Map(GABAM)」を入手し、公開した。「GABAM」とは世界・地域の炭素循環及び気候変動などの研究に必要な重要データの一つだ。衛星リモートセンシング技術は、地域における「GABAM」の空間分布状況を速やかに入手するため、効果的な手段を提供する。NASAや欧州宇宙機関などもこれまで、各種衛星リモートセンシングデータに基づく世界スケールの「GABAM」情報商品を発表していた。その空間分解能は250メートルから経度・緯度1度(約100キロ)とばらつきがあり、うち欧州宇宙機関が今年2月に発表したものは250メートルで最高の精度となっていた。
 何氏のチームは国家重点研究開発計画課題「大スケール世界変化データ商品迅速生成方法」のサポートを受け、約2年ちかくをかけた科学技術の難関突破を経て、複数の衛星データに基づき世界の高精度「GABAM」及び「非GABAM」サンプルバンクを構築した。さらに機械学習とビッグデータ分析技術を利用し、世界の「GABAM」高精度自動化抽出アルゴリズムの開発に成功し、最終的に世界初の分解能30メートル級世界「GABAM」商品を入手した。同時に同チームは高分1号、中国・ブラジル地球資源衛星04星など中国国産衛星データと結びつけ、精度の検証を行った。その結果、世界初の分解能30メートル級世界「GABAM」リモートセンシング商品の全体的な精度は、約93.92%となった。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/3/15更新
「話し方と聞き方」

富坂聰が斬る!

2018/4/4更新
「精日」

和中清の日中論壇

2018/4/23更新
「新しい中国の驚異が始まる」

田中修の中国経済分析

2018/5/1更新
「2018年政府活動報告のポイント」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/4/27更新
「金融業の対外開放と準備率の引き下げ」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

2018/4/27更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

2018/5/7更新
「日本企業の中国再評価進む みずほ総研のアジアビジネス調査」

中国の法律事情

New

2018/5/10更新
「クリーンな公務員の作り方」

日中交流の過去・現在・未来

2018/4/3更新
「藤嶋昭先生の教育理念から学んだ研究者の真髄」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/4/27更新
「日本に渡った秘色青磁」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

New

2018/5/9更新
「研究者への奨励金に税制上の特例措置―大学等の研究成果の実用化促進へ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:58,146,591