世界最高の科学研究機関に中国科学院が選出

2018年 6月8日

 7日に発表されたネイチャー・インデックス2018年間ランキングによると、米国が依然として世界の高品質科学研究論文の最大の貢献国となっており、中国とドイツが続いている。中国は10大貢献国のうち指数値の成長を維持している唯一の国だ。また、中国科学院は世界ランキングで首位の科学研究機関となっている。科技日報が伝えた。
 データによると、米国の科学研究産出は前年よりやや減少したが、依然としてトップの地位を維持している。その高品質科学研究産出は依然として中国の2倍以上だが、中国も急上昇の勢いを維持した。米国のほかにも、中国、ドイツ、南アフリカ、ブラジルは所在地域のリーダーとなっている。
 また、データによると、科学研究機関世界トップ500のうち、中国の49機関が前年より順位を上げており、14機関が初めてトップ500入りした。順位を落としたのは15機関のみ。北京大学清華大学南京大学中国科学技術大学が、世界大学研究機関トップ25にランクインしている。
 ネイチャー・インデックスの創設者であるDavid Swinbanks氏は「中国の指数を見るかぎり、その地位は持続的かつ大幅に向上している。中国の論文産出は2016−17年の間に12%増加し、2015−16年の伸び率を大幅に上回った。これにより多くの中国の機関が順位を上げた。中国の急成長とは対照的に、その他の主要国の論文産出が伸びず、減少している」と述べた。情報によると、米国は62機関が順位を上げ、74機関が順位を落とした。全体ランキングで5位の日本は、4機関が順位を上げ15機関が順位を落としている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/5/21更新
「カール・マルクス生誕200年の歴史と現実」

富坂聰が斬る!

2018/4/4更新
「精日」

和中清の日中論壇

2018/4/23更新
「新しい中国の驚異が始まる」

田中修の中国経済分析

2018/5/1更新
「2018年政府活動報告のポイント」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/5/30更新
「中国の債務問題再説」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

2018/5/24更新
「中国向けロボット輸出急増 前年比49.0%増の過去最高額に」

中国の法律事情

2018/5/10更新
「クリーンな公務員の作り方」

日中交流の過去・現在・未来

2018/4/3更新
「藤嶋昭先生の教育理念から学んだ研究者の真髄」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2018/6/1更新
「内藤湖南と『燕山楚水』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/5/9更新
「研究者への奨励金に税制上の特例措置―大学等の研究成果の実用化促進へ」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:58,755,956