スマート体重計で表示されるデータは正確さは?

2018年 7月3日

 夏になり、多くの人がダイエットに勤しんでいる。あるECサイトで「スマート体重計」と入力すると、瞬く間に1万件ちかくの検索結果が表示される。これらの体脂肪を計測できる「スマート体重計」にはさまざまなブランドがあり価格も異なるが、身体の各種指標を測定することを最大の目玉としている。売り手によると、これらの「スマート体重計」は体重を測定するほか、筋肉量、体脂肪率、骨量、基礎代謝などの指標を表示できる。これらの体脂肪計に表示されるデータは、どのように計算されているのだろうか。そしてそのデータは正確なのだろうか。科技日報が伝えた。
 この謎を解くためには、まず人体の成分と体脂肪計の測定方法を理解する必要がある。人体の成分には、筋肉、脂肪、内蔵、骨、水分、無機塩類が含まれる。
 生体電気インピーダンス(BIA)法は便利で精度の高い測定方法だ。最近10年間ほどは科学研究や運動、臨床、健康診断などの分野で広く使用されている。この検査・測定方法の原理はこうだ。人体の脂肪組織は水分が少なく導電性が低いが、筋肉と内蔵は水分が多く電気を通しやすい。そこで人体に無害な、非常に微弱な電流を使い体内の各成分の抵抗値を測定し、脂肪やその他の成分の含有量を計算する。体に電気を通すため、被験者は手と足の皮膚を直接装置の金属電極に触れる必要がある。スマート体脂肪計は、BIA法に基づき生産されている。
 北京小湯山病院健康教育部主任医師の趙潤栓氏によると、その測定データが正確であるか否かは、プロのカメラと携帯電話で撮影した写真のどちらがいいかと比較するのと同じようなことだとしている。つまり、それほど正確ではないにしても、家庭用として使用する日常的な測定としては十分ということだ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/6/15更新
「キャッチアップする新興国の悩み」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/6/29更新
「日中金融協力の再開」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

New

2018/6/27更新
「日本の若手科学技術担当者訪中団、北京に到着」

中国の法律事情

2018/6/22更新
「規制緩和:外商投資証券会社管理弁法について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

New

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/6/1更新
「内藤湖南と『燕山楚水』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:59,339,908