中国初のAIP潜水艦部隊が多くの記録を樹立

2018年 7月6日

 中国の人民解放軍初のAIP(非大気依存推進)潜水艦部隊がこのほど、通常動力潜水艦遠洋航行の最長記録や潜水深度の新記録、国境条件下の実体標的船撃沈といった海軍における記録を樹立したという情報が、人々の注目を集めている。科技日報が伝えた。
 軍事評論家の彰海雄氏は、「AIP潜水艦の長所は、水中の航続距離が大きく延びることで、1週間、さらには2−3週間に渡り浮上し充電する必要がない。これにより通常動力潜水艦のステルス性が高まり、より神出鬼没の働きをできるようになる」と話した。
 通常動力潜水艦は一般的にディーゼルエンジンとモーターを使用し、水上を航行するかシュノーケルを使い航行する際にはディーゼルエンジンで動力を提供し、バッテリーに充電する。潜航中はモーターで前進する。そのためディーゼル・エレクトリック潜水艦とも呼ばれるが、ディーゼルエンジンの稼働には空気が欠かせない。そのため潜航中にバッテリーを使い果たすと水面に浮上するか、シュノーケルを使ってディーゼルエンジンを動かしバッテリーに充電する必要がある。そのため一般的な通常動力潜水艦の水中の航続時間は限定的で、10−100時間ほどとなっている。一定期間を過ぎると浮上し充電を行うため、ステルス性が低くなる。
 AIPシステムを搭載すると、通常動力潜水艦は充電の際に空気中から酸素を得る必要がなく、水中で充電が可能だ。AIP潜水艦は航続時間が長くステルス性が高く、静音性に優れており、急襲に長けているため、世界の潜水艦発展の歴史における技術的進展と呼ばれている。彰氏は、「AIP潜水艦は原子力潜水艦に次ぐ水中の武器で、戦闘力が高いがコストも高く、中等海洋国と海洋強国の使用に適している。AIP潜水艦は未来の通常動力潜水艦の発展方向だ」と指摘した。
 AIP潜水艦は航続能力が大幅に強化されたが、持続的な潜航の制限を打破していない。それでは世界各国はこれらの問題をめぐり、どのような技術進歩を成し遂げており、今後を展望しているのだろうか。
 彰氏は、「AIP動力システムの原理に基づき、AIP潜水艦は浮上し空気を入れ替え、充電し燃料を補う問題を回避できない。そのため最良の解決策は原潜の使用だが、原潜は高額であり広域展開も困難だ。そのため多くの海洋国にとって、AIP潜水艦の配備はほぼ唯一の選択肢だ。この弱点を解消するため、各国も努力している。まずトン数を拡大し、より多くの燃料とバッテリーを搭載すると同時に、AIPシステムのエネルギー効率を高め航続距離を延ばしている。次により良い静音・ステルス技術を採用し、発見されにくくする。それから戦術的なテクニックを利用し、夜間もしくは自国が制海権をもつ海域で浮上することで、敵からの発見と襲撃を防ぐ。さらに、より先進的なAIP動力システムを開発する。広く見ると、燃料電池AIPシステムはより高い潜在力を秘めており、静音効果がより優れている。各国がこの研究に力を入れることで、未来のAIP潜水艦の動力の主流になるかもしれない」と述べた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/7/4更新
「大学とは何か、教育のあり方を再考」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/6/29更新
「日中金融協力の再開」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

New

2018/6/27更新
「日本の若手科学技術担当者訪中団、北京に到着」

中国の法律事情

2018/6/22更新
「規制緩和:外商投資証券会社管理弁法について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

New

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2018/7/5更新
「青木正児と『江南春』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:59,636,682