中国の11本目の「金の釘」が貴州省に

2018年 7月6日

 貴州大学は5日、国際地質科学連合(IUGS)がこのほど、世界カンブリア紀第3統(苗嶺統)と第5階(鳥溜階)の世界基準を貴州省剣河県に定めることを満場一致で決定したと発表した。これは中国が11本目の「金の釘」を手にし、イタリアを抜き「金の釘」が世界最多の国になったことを意味する。科技日報が伝えた。
 地質学の「金の釘」とは、国際標準模式層断面及び地点(GSSP)の俗称で、世界の各年代に形成された地層を定義し区別する世界で唯一の基準・モデルであり、かつ特定のエリアと特定の岩層序列に記すことで、世界の2つの時代の地層間の境界線を確定・識別する唯一のマークとなる。各時期の各地層に打たれた「金の釘」は、国際地質生物学界で激しい競争が展開されている問題であり、一国の同分野における地質学の研究成果が世界トップ水準に達したことを意味する。その成果は五輪の金メダルにも劣らない栄誉となる。
 貴州省に打たれたこの「金の釘」のためには28年もの月日をかけて研究が展開された。貴州大学資源・環境学院の趙元竜教授が中心となり、中国科学院南京地質古生物研究所、中国科学院地理・自然資源研究所、米オハイオ州立大学、中国石油大学、スペインのマドリード大学などの専門家と国際チームをつくり、研究を進めた。
 趙氏によると、剣河県の「金の釘」は中国のその他のものと異なり、Oryctocephalidを中心とする豊富な三葉虫動物群が含まれる。さらに「金の釘」に隣接する凱里地層の下部から、バージェス頁岩生物群の特徴が見られる凱里生物群を発見した。この特殊な生物群には、10種の化石、120以上の化石属が含まれ、重要な科学の意義を持つ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/7/4更新
「大学とは何か、教育のあり方を再考」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/6/29更新
「日中金融協力の再開」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

New

2018/6/27更新
「日本の若手科学技術担当者訪中団、北京に到着」

中国の法律事情

2018/6/22更新
「規制緩和:外商投資証券会社管理弁法について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

New

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2018/7/5更新
「青木正児と『江南春』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:59,636,682