中国初の民間中型液体燃料ロケットが2020年にも初飛行

2018年 7月10日

 北京藍箭空間科技有限公司が8日発表した情報によると、同社が自主開発した中型液体酸素・メタンガスロケット「朱雀2号」が今年6月に全システムの設計作業を完了した。同ロケットは中国で開発中の積載量が最大の民間ロケットで、2019年にすべての地上試験を終え2020年に初飛行する予定。科技日報が伝えた。
 同社の張昌武CEOによると、「朱雀2号」は中国民間商業ロケット分野で初の中型ロケットとなる。プロトタイプは2段液体燃料ロケットで、直径3.35メートル、全長48.8メートル、総重量216トン。離陸総推力は268トン、高度500キロの太陽同期軌道への輸送力は2トン、高度200キロの近地球軌道への輸送力は4トン。
 同社の康永来CTOは、「朱雀2号の主な特長は経済的である点で、商業宇宙市場が重視する高効率・高コストパフォーマンスを開発基準とした。液体酸素・メタンガス推進剤のコストは1キロ当たり約5元(1元は約16.64円)で、液体酸素燃料の十数元、液体酸素・液体水素燃料の100元を大きく下回る。また一体型電気単一ユニットによりロケット全体の電気料金が80%削減される。さらに発射台を使わないシステムが打ち上げの効率を大幅に高め、打ち上げ準備期間を7日間にまで短縮できる。将来的には1キロあたり打ち上げコストがファルコン9を下回る見通しだ」と説明した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/7/4更新
「大学とは何か、教育のあり方を再考」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/6/29更新
「日中金融協力の再開」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

New

2018/6/27更新
「日本の若手科学技術担当者訪中団、北京に到着」

中国の法律事情

2018/6/22更新
「規制緩和:外商投資証券会社管理弁法について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

New

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2018/7/5更新
「青木正児と『江南春』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:59,750,873