三峡地域、熱帯気候だったことを示唆する化石が発見

2018年 11月5日

 重慶師範大学考古学・博物館学実験センターに、最新の研究成果があった。彼らは重慶市で出土した中華スマトラウサギなどの小型哺乳類の化石を研究し、1万年前の三峡地域の気候類型を推測した。新華社が伝えた。
 同大学の考古調査チームは2013年5月より、豊都瓦啄嘴遺跡の考古・発掘調査を開始した。チームのメンバーは当時、旧石器時代の遺跡を発見し、整理と研究を経て、11種の小型哺乳類の化石が見つかった。そのうち最も重要な発見は、長さ4センチの中華スマトラウサギの右下顎の化石だった。
 中華スマトラウサギは数の最も少ない世界の絶滅危惧種の一つであり、この小型哺乳類は長期的に熱帯気候で生活している。アジアで中華スマトラウサギの化石が見つかったのは、今回で二回目となる。
 同大学科技考古・文化財保護技術実験室の武仙竹室長によると、中華スマトラウサギの化石の発見は、現地の気候変動に実物の参考資料を与えた。重慶の老鼓楼衙署遺跡で出土していた熱帯ステノキクガシラコウモリの骨と結びつけて考えると、8万年前の重慶の気候は熱帯・季節風気候だった可能性がある。中国の宋代以降は気温が徐々に低下し、重慶の気候も亜熱帯・季節風気候に変化し始めたとみられる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/9/26更新
「老いゆく中国社会の将来像」

富坂聰が斬る!

2018/10/25更新
「遺書を書く老人」

和中清の日中論壇

2018/10/9更新
「『中国は重税国家』という嘘」

田中修の中国経済分析

2018/10/18更新
「夏季ダボス会議における李克強総理の発言」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/10/24更新
「預金準備率引き下げの技術的側面」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/10/3更新
「“天の価格”は終わらない―家賃から飲食費、スターの出演料まで」

科学技術トピック

New

2018/10/30更新
最新テーマ:製造技術

取材リポート

New

2018/11/5更新
「英語技能検定協会が中国・科大訊飛のAI自動採点機能を採用」

中国の法律事情

New

2018/11/5更新
「中国における債権の消滅時効について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/10/15更新
「2017年度全国教育事業発展統計公報―当事者に聴く中国教育事情」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/10/22更新
「人間文化のありか あるノートの一行について:花の祭」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/9/14更新
「教育部直属大学、2017年決算データを公表、6校の経費が百億元超え」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:62,928,336