次世代中低速リニア列車、大連で完成

2018年 11月7日

 中車大連機車車両有限公司が製造する初の次世代中低速リニア列車が2日、大連市旅順の新工場で完成し、静的調整段階に入った。
 リニア列車は電磁力により列車の浮遊と誘導を実現し、けん引・運行に直流モータを採用する。次世代中低速リニア列車は、同社が戦略発展と技術の蓄積を立脚点とし、国内外の多くの都市鉄道交通計画路線に向け、第13次五カ年計画期間中に重点的に建設する新型都市鉄道交通列車だ。
 第一世代リニア列車技術の弱点に焦点を絞り、エア・サスペンション構造の革新、浮遊・制御の改善によりけん引システムの効率を高めた、次世代中低速リニア列車の加速度、運行速度、カーブ能力、登坂能力、快適性などの性能が全面的に向上した。次世代中低速リニア列車はアルミ合金材質で、3両編成で両端に操縦室がついている。列車の高さは一般的な地下鉄とほぼ同じで、50メートルの最小平面曲線、勾配100‰の坂を通過できる。最高運行速度は時速160キロ。
 次世代中低速リニア実験列車は2017年6月、上海市で全路線の運行実験を完了した。実験速度は時速121キロに達し、中低速リニアの運行速度の世界記録を樹立した。同列車は同年8月、院士3人を中心とする国内リニア分野トップクラスの専門家による審査に合格した。実験列車と比べ、新たに完成したリニア列車はエア・サスペンション構造を改善しており、浮遊がより安定的になっている。システム全体がさらに軽量化された。けん引・制動性能がさらに向上した。連結器と貫通路の設計は、列車が最小曲線、最大勾配を通過するための需要を満たしている。
 従来の地下鉄やライトレールと比べると、中低速リニアには高速、低騒音・振動、低いランニングコスト、高い安全性・信頼性、小曲線・高勾配、低い建設コスト、短い工期といった特徴がある。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/9/26更新
「老いゆく中国社会の将来像」

富坂聰が斬る!

2018/10/25更新
「遺書を書く老人」

和中清の日中論壇

2018/10/9更新
「『中国は重税国家』という嘘」

田中修の中国経済分析

2018/10/18更新
「夏季ダボス会議における李克強総理の発言」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/10/24更新
「預金準備率引き下げの技術的側面」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/10/3更新
「“天の価格”は終わらない―家賃から飲食費、スターの出演料まで」

科学技術トピック

New

2018/10/30更新
最新テーマ:製造技術

取材リポート

New

2018/11/5更新
「英語技能検定協会が中国・科大訊飛のAI自動採点機能を採用」

中国の法律事情

New

2018/11/5更新
「中国における債権の消滅時効について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2018/11/7更新
「初高等教育からみる中国教育の国際化―当事者に聴く中国教育事情」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/10/22更新
「人間文化のありか あるノートの一行について:花の祭」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/9/14更新
「教育部直属大学、2017年決算データを公表、6校の経費が百億元超え」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:63,089,832