中国製の「遠征3号」宇宙バス、無事に打ち上げ

2019年 1月2日

 「遠征3号」を搭載した「長征2号D」ロケットが12月29日、酒泉衛星発射センターから無事に打ち上げられた。今回打ち上げられた遠征3号上段と長征2号Dロケットはいずれも、中国航天科技集団有限公司第八研究院が開発を担当した。これにより長征2号Dは2018年に8回の打ち上げを無事に行い、37基の衛星すべてを無事に指定の軌道に送り届けた。光明網が伝えた。
 遠征3号は「宇宙バス」と呼ばれる。これは1度に高さと大きさが異なる10基以上の衛星を乗せ、軌道高度と位置の異なる目的地に逐一送り届けることができるからだ。
 遠征3号の姚建チーフデザイナーは「遠征3号は構造一体化、メイン・補助動力の一体化、電気・ガス一体化の設計アプローチを採用し、軌道上での連続48時間の独自飛行を実現した。『宇宙バス』は軌道傾斜角を最大15度調整できる」と説明した。複数回の正確な軌道変更を経て、遠征3号は衛星を理想的な軌道の位置に送り届けることができる。衛星の耐用期間を大幅に延長し、キャリアロケットの輸送能力と任務適応性を効果的に高めた。今回の任務で上段は計画に基づき21回の点火を行い、国内で点火回数が最多の上段となった。
 遠征3号は1度に複数の衛星を正確に送り届けることで衛星の耐用期間を延ばし、衛星打ち上げコストを大幅に引き下げている。高度成長する小型衛星市場の需要を効果的に満たし、衛星をスムーズに打ち上げネットワークを構築する能力を高めるとともに、国連のスペースデブリ削減の要求を満たすため、遠征3号は任務完了後に自ら軌道を離れ、コントロールを受けながら大気圏再突入を果たし燃え尽きることになっている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

New

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2018/12/25更新
最新テーマ:農林水産

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

New

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/12/13更新
「農学部「復興」の背景」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2018/12/14更新
「中国での研究スタートアップとラボからみた中国の研究力」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,097,978