アリババの達摩院、今年の科学技術トレンドを発表

2019年 1月4日

 今年初の出勤日(2日)に、アリババグループのフロンティア科学技術研究機関「達摩院」は今年の10大科学技術トレンドを発表した。同報告書は、スマート都市、デジタル身分、自動運転など現在のIT分野の「トレンドワード」を網羅した。新華社が伝えた。
 この10大科学技術トレンドは、▽都市のリアルタイムシミュレーションが可能に、スマート都市が誕生▽音声AIが特定分野でチューリングテストに合格▽AI専用チップがCPUの支配的地位に挑戦▽超大規模グラフニューラルネットワークシステムが機械に常識を教えこむ▽計算構造が再構築へ▽5Gネットワークが新たな応用シーンを生む▽デジタル身分が第2の身分証に▽自動運転が冷静な発展の時期を迎える▽ブロックチェーンが理性的になり、商用化が加速する▽データ安全保護技術が加速的に成長する――となっている。
 達摩院は、今回注目したのは現在、真の価値を創出できるフロンティア科学技術だとした。例えば2016年に建設が始まった杭州都市ブレーンが、昨年末にアップグレードされた。このスマート都市の発展を推進する「スマートハブ」機能は、単一的な交通誘導から都市管理、衛生・健康、観光、環境保護などの分野に拡張する。現在もしくは近い将来、市民はモバイルスマート設備により受診手続きや自動駐車などを実現できるようになる。
 同済大学スマート交通運輸システム研究センターの楊暁光センター長は「モバイルネットワーク、IoT、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの新技術の急成長に伴い、次世代都市スマート管理、スマートサービス、スマート政策決定などの科学技術が革命的な進展を実現する。人類が都市病を予防し総合的に対策を講じ、スマート都市の持続可能な発展を実現することを促す」と述べた。
 達摩院は2019年の科学技術界の最も熱いトレンドは、引き続きAIになると判断した。モバイル端末のリアルタイム音声生成と人間の声の区別がなくなることが、その最も顕著なケースになる可能性がある。音声AIはさらに、特定の対話でチューリングテストに合格するようになる。近い将来、都市の「会話」できる公共施設が増加を続ける。
 達摩院はさらに、生体認証技術が今年、大規模応用段階に入ると予測している。この数年間で多くの人は財布やキャッシュを持たず外出する習慣をつけたが、身分証を持たなくてもどこにでも行ける時代も近づいている。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

New

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2018/12/25更新
最新テーマ:農林水産

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

New

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/12/13更新
「農学部「復興」の背景」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2018/12/14更新
「中国での研究スタートアップとラボからみた中国の研究力」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,097,978