PM2.5は減少もオゾン汚染が増加、その原因が明らかに

2019年 1月4日

 注意深い人なら気づいているはずだが、中国の大気品質は近年日増しに好転しており、PM2.5の濃度が低下を続けている。しかしオゾン汚染という新たな名詞が度々取り上げられるようになった。「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」(電子版)の最新号が発表した中国と米国の科学者の研究結果によると、PM2.5の濃度の低下により煙霧質のHO2ラジカルに対する不均一吸収が減少したことで、地表のオゾン汚染が増大したことが分かった。科技日報が伝えた。
 地表のオゾンは窒素酸化物(NOx)と揮発性有機化合物(VOCs)の直射日光による光化学反応で生じる。主要な大気汚染物質としてのオゾンは、人の健康と陸地の生態系を損ねる。中国の夏季の都市部では、オゾンが最大の大気汚染物質になりやすい。
 南京信息工程大学はハーバード大学大気品質・気候共同実験室と、過去5年間の中国の夏の地表オゾンの1日最大平均8時間の濃度変化を研究・分析した。それによると、中国東部の主要大都市圏でPM2.5濃度が大幅に低下した一方、オゾン濃度が急速に上昇したことが分かったが、その原因については不明だった。中国が2013年より「大気汚染対策行動計画」を実施して以来、推算によると、2013−17年に中国の人為的なNOx排出量が約20%削減されているはずで、VOCsの排出量には大きな変化がなかった。つまり近年のNOx及びVOCsの排出量の変化は、中国東部地域(特に華北平原地域)でのオゾンの増加を説明するのに不十分ということになる。
 科学研究者がさらに分析を進めたところ、華北平原地域の夏季のオゾン増加のより重要な要因は、過去5年間で夏季のPM2.5濃度が約40%低下したことであることが分かった。煙霧質によるHO2ラジカルに対する不均一吸収が減少したことで、オゾンの生成が増大した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

New

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2018/12/25更新
最新テーマ:農林水産

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

New

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/12/13更新
「農学部「復興」の背景」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2018/12/14更新
「中国での研究スタートアップとラボからみた中国の研究力」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,097,978