ハイブリッド稲の種子、中国人科学者がクローンに成功

2019年 1月7日

 中国農業科学院が発表した最新情報によると、中国稲研究所稲生物学国家重点実験室の王克剣氏が率いるチームは遺伝子編集技術を使い稲無融合生殖(アポミクシス)体系を構築し、ハイブリッド稲の種子のクローンに成功した。ハイブリッド稲の性状を安定的に次の世代に遺伝させることを初めて実現した。この成果はこのほど、ネイチャー・バイオテクノロジー(電子版)に掲載された。科技日報が伝えた。
 王氏によると、中国のハイブリッド稲の年間栽培面積は1600万ヘクタール以上で、稲の栽培面積の57%、稲の生産量の約65%を占めている。ハイブリッド稲の生産量は毎年約250万トン増加しており、7000万人を養うことができる。しかしハイブリッド種子の次の世代には性状の分離が発生するため、雑種としての優位性を維持できない。育種家は毎年、種づくりのため大量の労働力・資源・資金を費やす必要があり、農家も毎年新たな種子を購入しなければならない。「無融合生殖はこの難題を解消できる」。王氏によると、これは種子を通じ無性繁殖を行う生殖方法であり、世代交代に伴いハイブリッド品種を変えないヘテロ接合遺伝子型であるため、雑種の優位性を固定化できる。
 王氏のチームはインディカ・ジャポニカ米ハイブリッド品種「春優84」を無融合生殖研究のモデルとし、「CRISPR/Cas9」遺伝子編集技術を用い4つの稲生殖関連遺伝子をノックダウンすることで、ハイブリッド稲に無融合生殖の性状を持たせ、かつハイブリッド稲と同じクローン種子を作り出した。チームはさらなる検査・測定により、クローン種子から育った稲が前の世代のハイブリッド稲と高度に相似することを確認した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

New

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2018/12/25更新
最新テーマ:農林水産

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

New

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/12/13更新
「農学部「復興」の背景」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2018/12/14更新
「中国での研究スタートアップとラボからみた中国の研究力」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,198,018