北京市延慶区、ドローンによる長城巡回を実現

2019年 1月8日

 北京市延慶区の長城花家窯口区間で、2機のドローンが離陸し、ドローン長城巡回の「初飛行」を開始した。これは延慶区長城デジタル化保護システムが正式に構築されたことを示している。北京日報が伝えた。
 ドローンによる巡回と人間による巡回は分業がはっきりされている。マルチコプタードローンは、重要区間の精度がセンチメートル級に達する3Dモデリングを担当する。長期的なモニタリングにより、長城本体の細かな変化を観察し、ビッグデータを形成することで、今後の保護作業に科学的な根拠をもたらす。固定翼ドローンは長距離かつ広範囲の長城巡回を行い、長城沿線の建設状況の厳密な監視を行い、違法建設をできなくしてしまう。延慶区の長城巡回活動はこれまで、完全に人の手で行われていた。今やドローンを使った精密な3Dモデリングを、長城保護のスタッフの実地巡回とリアルタイムの伝送と結びつけることで、「空の目」と「人の目」及びビッグデータ管理プラットフォームの切れ目なき連結を実現できる。これは現在、人の力だけでは精密に実現できないことだ。
 ドローンを使ったスマートな巡回は、長城の保護に「空の目」を持たせている。長城保護のスタッフは「現場巡回+情報伝送」の手段により、「人の目」による巡回のテクノロジー水準を高める。さらに文化財機関が「2つの目」の情報を統合し、ビッグデータの優位性を活用することで、立体化長城監視システムを実現する。最終的に「デジタル化の目」による正確な比較対照により、長城本体と周辺の細やかな変化をリアルタイムで発見し、人・技術・モノによる三重の長城保護システムを構築する。
 ドローンの正式な勤務開始により、巡回作業は1カ月周期で行われる。重要エリアを中心とし、一般エリアを補助とし、険しい山と道の障害を克服し、人の手の不足を補う。これにより延慶区のドローンによる長城保護・巡回のフルカバーを実現する。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

New

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

2018/12/25更新
最新テーマ:農林水産

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/12/13更新
「農学部「復興」の背景」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

New

2019/1/8更新
「武漢理工大学での研究生活」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,232,585