重さ350トンの世界の水力発電の巨大タービン、中国で誕生

2019年 1月14日

 世界で建設中のうち最大の水力発電所、白鶴灘発電所で使用される初の100万kW級水力タービンが12日、東方電機白鶴灘タービン加工場で完成した。この高さ3.92メートル、直径8.62メートル、重さ350トンの世界の水力発電の巨大タービンの誕生は、中国発電設備企業が率先して100万kW級大型水力タービンのコア技術を確立したことを意味する。科技日報が伝えた。
 白鶴灘水力発電所は、四川省涼山イ族自治州寧南県と雲南省昭通市巧家県を流れる金沙江の本流の川下に位置する。設備容量は1600万kW、年平均発電量は624億4300万kWhで、2018年の成都市電力消費量(637億4100万kWh)に相当する。設計によると、発電所の左右両岸には100万kW級水力発電装置が8基ずつ設置され、そのすべてが中国国産の100万kW級水力タービンを使用するのは初めて。うち発電所左岸の8基は、東方電気集団東方電機有限公司が開発・製造を担当。
 100万kW級大型水力発電装置は、世界の水力発電業界の最高峰だ。白鶴灘発電装置は世界初の100万kW級水力発電装置であり、超巨大混流式型水力タービン発電装置に属する。白鶴灘100万kW級発電装置の高さは50メートル以上、重さは8000トン以上で、仏エッフェル塔の重さに相当する。タービンは水力発電装置の心臓部として、装置全体のうち開発の難易度が最も高く、製造の課題が最も多い部分であり、装置全体で最も重要な部分でもある。タービンはブレード15枚からなっており、ブレード1枚の重さは11トンにも達する。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2019/1/11更新
最新テーマ:原子力

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2019/1/15更新
「常州工程職業技術学院:グローバル化人材の育成で『先手を打つ』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2019/1/8更新
「武漢理工大学での研究生活」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,491,568