嫦娥5号、年末までに月でサンプル採取へ

2019年 1月15日

 国務院新聞弁公室は14日午後、月探査プロジェクト「嫦娥4号」任務の関連状況の発表会を開いた。発表会では、国家航天局副局長、月探査プロジェクト副総指揮の呉艶華氏は、「月探査プロジェクトは現在、科学探査の段階に変わっている。今後は月の裏側のクレーター内で着陸エリアの地形探査、物質成分探査、宇宙環境探査などを実施する。月探査プロジェクトは2020年までに「周回・着陸・帰還」という3ステップの目標を達成する。最後の「帰還」は、今年の年末頃までに嫦娥5号が月の表側からサンプルを採取し帰還することが基準となる」と述べた。北京青年報が伝えた。
 呉氏によると、国家航天局も国内の専門家を集め今後の計画の論証を行っており、次の3つの計画を明らかにした。まずは嫦娥6号による月の南極におけるサンプルリターンだ。月の裏側と表側のどちらかになるかについては、嫦娥5号のサンプル採取状況によって決まる。嫦娥7号は月の南極の総合的な探査を行う。これには月の地形、物質成分、宇宙環境に対する総合的な探査が含まれる。
 嫦娥8号は科学探査・試験を続けるほか、カギとなる技術の月面試験を行う。中国、米国、ロシア、欧州などは、月面科学研究基地もしくは科学研究ステーションを建設すべきか論証中だ。例えば、3Dプリンター技術を使い、月面で月の土壌を使い建物を作ることはできるだろうか。これについては嫦娥8号によって一部の技術を検証し、その後各国と共に月面科学研究基地を共同建設するため模索する必要がある。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2019/1/11更新
最新テーマ:原子力

取材リポート

2018/12/13更新
「清華大学の学生たちが成果発表会―中央大学がさくらサイエンスで招聘、最新の感性工学を学ぶ」

中国の法律事情

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2019/1/15更新
「常州工程職業技術学院:グローバル化人材の育成で『先手を打つ』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2018/12/12更新
「高専生よ、中国の勢いを土産に」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2019/1/8更新
「武漢理工大学での研究生活」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,491,568