稲わらを土に還す、温室効果ガスの排出量を50%過大評価

2019年 1月18日

 中国農業科学院作物科学研究所の作物耕作・生態革新チームは、水田の稲わらを長期的に土に還した場合のメタン(CH4、世界2位の温室効果ガス)の排出に対する影響とそのメカニズムを明らかにした。わらのメタンガス排出拡大効果が、土に還す年数が重なるにつれ著しく低下する傾向があり、国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)はそのメタンガスの排出量を50%近く過大に見積もっていたことが分かった。関連研究成果は17日未明、「Science Advances」(電子版)に掲載された。科技日報が伝えた。
 同チームの責任者、中国農業科学院作物科学研究所研究員の張衛建氏によると、中国では毎年8億トン以上の作物のわらが生産されているが、その養分の含有量は500万トン以上のアンモニア、1000万トン以上の過燐酸石灰、1000万トン以上の硫酸カリウムに相当する。わらを土に還すことで畑の化学肥料の使用量を大幅に削減できる。つまりこれは土壌の健康を保証し、化学肥料の「ゼロ成長」さらには「マイナス成長」を実現する重要な措置であり、わらの焼却処分による大気汚染を回避する有効な手段でもある。しかし、稲わらは土壌のメタン発生の主な原因の一つであり、学術界と一般の人々からはメタンの排出を著しく拡大することが懸念されている。
IPCCはこれまで、稲わらを土に還すことのメタンの排出促進効果は、土に還す量のみと関連しており、その年数とは関連性がないとしていた。ところが同チームは15年の長期的な試験により、その影響が年数の増加により目に見えて減少する傾向を明らかにした。水田のメタン排出は土壌内のメタン菌と酸化菌によって制御される。前者はわらなどの有機物と嫌気性環境を好み、後者はメタンと酸素を好む。水田に水が張られると、土壌内の酸素は主に稲の株と根から取り込まれる。わらを土に還し始める当初、わらと水が菌の迅速な成長を刺激し、大量のメタンが発生する。その際に稲の株と根の成長はわらを土に還すことの抑制を受け、酸素の移動や酸化菌の成長に影響が及ぶため、水田のメタンが酸化されず、排出が増える。しかし、わらを土に還し始めてから約3年後、水田の土壌はよく肥え、稲の株と根が力強く成長し、酸素の輸送を促す。土壌の酸素含有量が急速に高まり、酸化菌の成長が加速し、メタンを二酸化炭素に酸化させ、メタンの排出量が著しく減少する。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2019/1/11更新
最新テーマ:原子力

取材リポート

New

2019/1/18更新
「黒竜江省で放鳥のナベヅル四国にも飛来 同一個体が鹿児島、徳島、高知3県で観察は初」

中国の法律事情

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2019/1/15更新
「常州工程職業技術学院:グローバル化人材の育成で『先手を打つ』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2019/1/16更新
「中国お手伝いさん事情――無敵の「おばさん」からアプリの専門サービスへ」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2019/1/8更新
「武漢理工大学での研究生活」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,596,333