中国初のグラフェン国家基準が発表

2019年 1月18日

 2010年にグラフェンの研究でノーベル物理学賞を受賞してから、科学者と産業界はグラフェンを熱狂的に追い求めてきた。それと同時にグラフェンに準ずる二次元材料の発見も相次ぎ、それをいかに正確に定義するかは材料産業の発展に関わる問題となっている。泰州巨納新能源有限公司への17日の取材によると、同社が作成を担当する中国初のグラフェン国家基準「ナノテク 専門用語 第13部分:グラフェン及び関連二次元材料」(GB/T 30544.13-2018)が正式に発表された。同基準は二次元材料分野の初の国家基準だ。科技日報が伝えた。
 国家基準の定義によると、単一もしくは複数の層で構成され、すべての層の原子が所在する層の隣接する原子と緊密に結合し、ある次元(その厚み)がナノ以下のスケールであり、その他の2つの次元が通常より大きなスケールの材料に置かれる場合は、二次元材料と呼ばれる。
 二次元材料にはどのような優れた性能があるのだろうか。単層二次元材料の表面の原子はほぼ完全にむき出しになっているため、バルク材料と比べ原子の利用率が大幅に向上している。厚みの調整と元素の浸透を通じ、エネルギーバンド構造と電気的特性をより容易に調節できる。そのため二次元材料は化学修飾、電子の伝達に優れている。また柔軟性と透明度が高いため、ウェアラブルデバイス、柔軟性エネルギー貯蔵装置などの分野で高い将来性を持つ。
 中国初のグラフェン及び二次元材料国家基準は、主に泰州巨納新能源有限公司や東南大学などが作成する。前者は2010年創業の、中国で最も早くグラフェンの研究・検査測定・応用、基準化に取り組んでいる企業の一つだ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/12/28更新
「強国を目指す中国の弱さ」

富坂聰が斬る!

2018/12/27更新
「米中経済戦争の行方」

和中清の日中論壇

2018/12/25更新
「新時代の中国はどんな中国か」

田中修の中国経済分析

2019/1/4更新
「民営企業の発展支援」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/12/28更新
「ターゲット付き中期貸出ファシリティの創設」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/12/28更新
「卓球の上達には中国語が欠かせない?」

科学技術トピック

New

2019/1/11更新
最新テーマ:原子力

取材リポート

New

2019/1/18更新
「黒竜江省で放鳥のナベヅル四国にも飛来 同一個体が鹿児島、徳島、高知3県で観察は初」

中国の法律事情

2018/12/28更新
「中国合弁事業の実務~プロジェクトの進め方と、マイナー出資の留意点」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2019/1/15更新
「常州工程職業技術学院:グローバル化人材の育成で『先手を打つ』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/12/7更新
「泉屋博古館の青銅器の世界」

中国実感

2019/1/16更新
「中国お手伝いさん事情――無敵の「おばさん」からアプリの専門サービスへ」

北京便り

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2019/1/8更新
「武漢理工大学での研究生活」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

中国で研究活動 求人公募情報

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:65,596,333