トップ >科学技術ニュース> 広州開発区、5Gモデルネットワークが開通

広州開発区、5Gモデルネットワークが開通

2019年04月15日

 近い将来、バスに乗ると5G+4KのハイビジョンIPTVを楽しめるようになる。映画は途中で止まることなく、早送りと巻き戻しにもまったく時間がかからない。広州市黄埔区科学広場展示ホールの5G超高速体験エリアの「珍宝5Gバス」内で14日、5G信号が広州電信による初の5G商用化端末によりWi-Fi信号に変換された。車内ではさらに5G+ハイビジョンテレビ会議が可能となっていた。科技日報が伝えた。

 広州電信の関係責任者は「バスに緊急事態が発生すると、調整・指揮センターはバスと動画で結びつき直接調整を行う。同技術はさらにビジネス分野に広く活用でき、最多16回線のハイビジョン接続が可能だ」と説明した。

 同日開かれた広東省5Gモデルエリア共同建設調印式並びに広州ハイテク区・広州開発区・黄埔区5Gモデルネットワーク開通イベントにおいて、広州市党委員会常務委員、黄埔区委員会広州開発区党工委の周亜偉書記が、科学広場展示ホールで粤港澳大湾区の初の5G電話をした。これは同区が正式に5G時代に入ったことを意味している。

 広州は全国第1陣の5G試行都市の一つだ。3大通信事業者は現在、広州国際生物島、広州科学城などで5G基地局を100局近く設置している。

 「広州市黄埔区5Gモデルネットワーク」の開通式も同日開かれた。同区はネットワークの展開を加速しており、年内に5G基地局を3500局設置する見通しだ。5G産業の発展に適した生態環境を構築するため、同区は今年2月に「5G産業化10条」など一連の政策を急ぐと打ち出した。5G産業基金も同時に設立され、5G特色産業団地を構築する。民間資本を導入し、区内の巨大な5G応用市場を開放し、5G人材及び企業を誘致する。同区は現在、5G中核部品、5Gネットワーク設備、5G端末設備などの50社近くを集めており、生産額は200億元(1元は約16.7円)を超えている。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます