トップ >科学技術ニュース> 中国独自開発のROV「海竜Ⅲ」、潜水任務に成功

中国独自開発のROV「海竜Ⅲ」、潜水任務に成功

2019年04月15日

 中国自然資源部(省)第一海洋研究所への11日の取材によると、現地時間9日午前1時、自然資源部に認可され中国第52次航行任務を実施中の「大洋1号」において、中国が独自開発した6000メートル級探査・試料採取型ROV(遠隔操作無人探査機)「海竜Ⅲ」が南西インド洋中央海嶺ドラゴンバナー熱水口で同エリアの潜水任務に成功した。合計で3回潜水し、海底連続観測作業時間は最長6時間にのぼった。大型海底生物、清潔な海水、海底魚類、深海沈積物など各種試料を採取し、さまざまな測量を行った。中国新聞網が伝えた。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます