トップ >政策国家政策科学技術発展 第十二次五ヶ年計画> 4.戦略的新興産業を大きく育成、発展させる

4.戦略的新興産業を大きく育成、発展させる

 戦略的新興産業の育成と発展は、産業構造のグレードアップ推進、経済成長方式の転換の加速化に対し重要な意義を持っており、一連の戦略的新興産業の発展を支えるキー共用技術のブレークスルーを、科学技術発展の優先的課題に取り上げなければならない。省エネ環境保護、新世代情報技術、バイオ、ハイエンド設備製造、新エネルギー、新材料と新エネルギー自動車等の産業分野において、優位性ある開発力を集中させて、戦略的新興産業の核心的競争力(コアコンピタンス)を増強すべく基礎を固める。国家科学技術重要大型特定プロジェクトの核心的なリード作用と、ハイテク区の放射的牽引作用を発揮させ、イノベーション成果の利用と商業モデルのイノベーションを推進し、戦略的新興産業が国民経済のリーディング産業と支柱産業となる歩みを加速化させる。

(1)省エネ環境保護

 高効率な省エネ、先進的な環境保護と循環利用等キー技術・設備及びシステムを大きく発展させる。半導体照明、石炭のクリーン高効率利用、“藍天(青空)”工程、廃棄物資源化等、科学技術産業化工程を実施する。技術の集約と普及利用を強化し、わが国の省エネ環境保護分野全体の技術力及び産業競争力を急速に引き上げる。

省エネ環境保護産業技術

 半導体照明→白色発光ダイオード(LED)調製、光源システムの集約、デバイス等自主キー技術を重点的に発展させ、大型有機金属気相成長(MOCVD)等設備及びキーとなる関連材料の国産化を実現し、半導体照明の利用技術イノベーションを強化し、基準と検査測定体系を建設する。 “十城万盞”半導体照明パイロット事業モデルの実施を加速化し、より大規模な利用を実現する。2015年には白色発光ダイオードの発光効率を国際的な先進レベルまで到達させ、半導体照明を国内汎用照明市場において30%以上シェアを占めるようにし、生産額は5000億元に達成させ、わが国の半導体照明産業が世界上位三強に入るようする。

 石炭のクリーン高効率利用→地下ガス化、煤低温触媒ガス化・メタン化、中温触媒ガス化、高温高圧メタン化、石炭製アルケン等化学工業品、第三代石炭触媒製天然ガス、大型ガスタービン本体等の核心技術について重点的にブレークスルーを進める。ガス化を基礎として生産工程モデルを推進し、ガス化技術の総合集約利用を図る。積極的により高い仕様の超超臨界クリーン石炭発電技術を進展させ、石炭火力発電所における二酸化炭素の回収・利用・貯留技術及び汚染物制御技術を開発し、石炭製燃料のグレードアップモデル工程を順序立てて建設する。

 “藍天(青空)”工程→工業廃ガス、石炭燃焼煙、車の汚染物、室内空気等の浄化技術と設備の研究開発及び産業化を推進し、大気観測の先進技術と計器研究開発を加速化させ、積極的に温室効果ガス排出削減と資源化技術及び設備を発展させる。

 廃棄物の資源化→無害化、安定化、資源化技術と設備に対し重点的にブレークスルーを進め、高付加価値の再生資源製品、大型ゴミ燃焼制御技術とフルセット設備、ゴミ総合処理及び有機物の嫌気性メタンガス発生キー技術と設備を研究開発し、廃棄金属、廃棄電機と電子製品、大型包装と紡織製品、大型工業廃棄物、生活ゴミと汚泥等量が多く面の広い、付加価値の高い廃棄物の有効利用を進めるともに廃棄物資源化技術イノベーションサービスのプラットフォームと産業化基地を建設し、産業化のレベルを引き上げる。

(2)新世代情報技術

 次世代インターネット、新世代移動通信、クラウドコンピューティング、モノのインターネット、スマートネットワーク端末、高性能計算の発展を推進し、新型ディスプレイ、国家ブロードバンド網、クラウドコンピューティング等科学技術産業化工程を実施する。積極的に三網融合を推進し、ネットワークと情報セキュリティー技術のイノベーションを加速化させ、ネットワークと情報の安全を保証する。集積回路の発展、スマート都市、スマート工業、地理情報、ソフトウェア情報サービス等関連技術に力を入れ、情報化よる工業化の牽引を推進する。

新世代情報技術

 新型ディスプレイ→レーザーディスプレイの高い信頼性、低コスト、長寿命等の技術的問題を解決し、裸眼、非裸眼、リアル3Dとホログラフィック等3Dディスプレイの番組源、発射、送信、受信、ディスプレイ等集成技術を開発する。また、有機発光ディスプレイの発光材料、薄膜トランジスター配列等キー核心技術を研究開発する。更に電子ペーパーとフィールドエミッションディスプレイ等の最先端ディスプレイ技術の研究を加速化させる。キー原材料とディスプレイの国産化を実現し、産業クラスターを形成し、新たに増加する生産額は千億元を超え、わが国のディスプレイ産業のグレードアップ、モデルチェンジを促進する。

 国家ブロードバンド網→100MBのブロードバンドアクセスの提供を目標とし、ネットワーク技術体制、ネットワークノード設備と融合業務体系等のキー技術について重点的にブレークスルーを進め、三網融合の要求に適合する集積回路、ソフトウェア、キーデバイス等の基礎製品、双方向デジタルテレビ端末とブロードバンドネットワーク設備製品を開発する。次世代ラジオテレビ網と光ファイバー無線が融合するブロードバンドアクセス環境とモデル工程を建設し、国際的に先端を行く新世代国家情報インフラを構築する。

 “中国クラウド”工程→自らの核心技術に基づく“中国クラウド”の全体技術プランと建設基準を形成し、クラウドコンピューティングと高性能計算の核心技術を開発する。国家級クラウドコンピューティングプラットフォームを建設し、地方と企業を導き、異なる規模、異なるサービスモデルのクラウドコンピューティングプラットフォームを形成し、クラウドコンピューティングの利用とサービス産業を育成、発展させる。

(3)バイオ産業

 イノベーション薬品→医療器械、バイオ農業、バイオ製造等のキー技術と設備を大きく発展させる。バイオ医薬、バイオ医療用材料、先進医療設備、バイオ種業、農業用バイオ薬品、先進バイオ製造等の科学技術産業化工程を実施する。従来型産業の製造プロセスグリーン化、低炭素化を推進し、グリーン農用バイオ製品の発展を加速化させ、優れた高効率な農業の発展を促進する。

バイオ産業技術

 バイオ医薬→薬品開発、新型ワクチン、抗体薬品及び大規模化設備、疾患早期診断等のキー技術と生産技術について重点的にブレークスルーを進め、40項目の自ら知的所有権をもつ新型薬品およびキーとなる特許を700~800項目獲得し、キー生産技術及び関連基準100項目を形成する。抗体、ワクチン、診断試薬等の新型バイオ医薬開発及び産業化基地を30~40ヶ所建設し、10のリーディング企業を育成する。

 バイオ医療用材料→バイオ活性特殊塗層、バイオ因子表面改性及びバイオ機能化修飾、バイオ材料分解及びバイオ因子徐放性、バイオ材料マイクロナノ調合、バイオ医療用材料及び器械の最適化設計と評価測定等のキー技術について重点的にブレークスルーを進める。新型骨及び口腔インプラント、可分解血管フレーム、中国人に適した人工関節、介入人工心弁及び石灰化防止バイオ弁膜、新型人工血管、神経修復材料、耐力性骨修復材料、創面急速無痕修復材料等重要製品を20項目以上研究開発し、キー特許50項目以上獲得する。多学科交叉イノベーション及び産業化を推進・支援して若干のリーディング企業の育成する。

 先進医療設備→医学映像、医療用電子、臨床検査、最小侵襲手術、放射線治療、レーザー治療等ハイエンド医療設備の研究を展開し、15項目前後のミドルハイエンド製品を開発・生産し、20以上の比較的強い自主イノベーション力をもつ中核企業を育成し、わが国の医療器械産業の国際競争力を大幅に向上させる。

 バイオ種業→近代バイオ育種技術と品種産業化技術について重点的にブレークスルーを進め、動植物の新品種1000種、うち重要な大型のブレークスルー的品種を100種育成する。動植物の新品種と新技術の大規模な利用を加速化させ、主要農作物と野菜の新品種モデルを約10億ムー広げる。大規模化、標準化、機械化、スマート化された育種基地、産業化基地及び共用技術研究プラットフォームを構築する。国際競争力のある全産業チェーン型のリーディング企業を10社以上育成し、種業の総生産額を30%引き上げる。

 農業バイオ薬品→ターゲット分子発見と薬物分子設計、薬源の微生物及び産物のハイスループット発掘、ナノ農業バイオ薬品等の最先端キー技術を重点的に発展させ、発明特許を150項目、自主知的所有権をもつ重要大型製品80種を獲得し、新技術・新標準100項目を確立し、50の新薬、新製剤を製品登録する。農業薬品とバイオ製剤イノベーションの産業化プラットフォームと核心基地を構築し、10社前後のリーディング企業を育成させる。

 先進バイオ製造→重要大型化学工業製品と工業発酵製品の科学技術と産業化レベルを重点的に引き上げる。バイオベースド材料、バイオベースド化合物、キラル化合物中間体等の3大重要大型化学製品におけるバイオ製造のキー技術のブレークスルーを進め、1万トン級バイオベースド大型化学品とバイオベースド材料、千トン級のキラル中間体の産業化生産モデルラインを構築し、新たに工業生産額100億元/年増を実現する。8~10項目の微生物製造技術のブレークスルーを進め、ポリ乳酸等5~6種の品種の生産技術レベルを明確に向上させ、4~5の従来型発酵製品のグリーン生産を実現する。

(4)ハイエンド設備製造

 大型先進輸送機器及びシステム、海洋工程設備、ハイエンドのインテリジェント製造と基礎製造の設備等を重点的に発展させる。高速列車、グリーン製造、インテリジェント製造、サービスロボット、ハイエンド海洋工程設備、科学計器機器等の科学技術産業化工程を実施する。高速列車の系統化とスマート化、グリーン製品の設計、ロボットのモジュール化ユニット製品等の重要キー技術を研究開発し、わが国の製造業の国際競争力を引き上げる。

ハイエンド設備製造産業技術

 高速列車→高速列車のスマート化、系統化、省エネ核心キー技術を重点的に発展させ、高速列車の技術設備、インフラ使用状態検査測定観測キー技術及び高速鉄道の振動騒音軽減技術を向上させ、わが国の高速列車のスマート化安全技術設備と車種シリーズ形成し、技術設備及びインフラ使用状態検査測定技術と設備体系を構築する。”十二五(第12次5ヶ年)”における高速列車産業の総生産額は3000億元を超える見通しである。

 グリーン製造→先進的なグリーン製造技術と製品を重点的に発展させ、製造業におけるグリーン製品の設計、環境保護材料、省エネ環境保護技術、グリーン回收処理等のキー技術のブレークスルーを進める。グリーン製造技術とグリーン製造設備の普及利用と産業モデルを展開し、設備の再製造、グリーン製造のコンサルティングとサービス、グリーン製造のソフトウェア等新興産業を育成する。

 インテリジェント製造→工業ロボット、スマート制御、マイクロナノ製造、製造業情報化等の関連システムと設備を発展させ、工業ロボットのモジュール化核心技術と機能部品、重要大型事業のオートメーション制御システムとスマート測定計器及び基礎部品等の技術設備を重点的に研究開発し、産業技術の研修体系を構築する。技術集約の検証と利用モデルの業務を推進し、技術と安全基準を制定、のハイテクイノベーション企業を育成する。更に製造システムのインテリジェント運行を実現し、設備製造業を改善してレベルを引き上げる。

 サービスロボット→サービスロボットのモジュール化体系構造研究を展開し、サービスロボットの構造、感知、制御、相互性と安全等のモジュール化核心技術と機能部品を重点的に発展させる。一連の技術集約の検証と利用モデルプラットフォームを構築し、相応の技術、安全基準を制定し、ハイテクイノベーション企業を育成する。サービスロボット産業の技術イノベーション連合を構築し、サービスロボット産業の発展を促進する。

 ハイエンド海洋工程設備→海洋オイルガスの探査開発、深海運搬作業、海洋環境観測のキー技術と設備を発展させ、高精度探査システム、深水プラットフォーム、水面下生産システム及び輔助作業等重要大型設備を重点的に開発するとともに、有人/非有人深海潜水艇作業システムを開発する。更に海洋環境リモート探査レーダー、船舶搭載大深度牽引、深海ブイ等の海洋観測機器を開発する。

 科学計器機器→新しい原理、新しい方法の開発に注力し、情報、バイオ医薬、新材料、新エネルギー、資源環境等分野の重点科学計器機器の核心技術とキー部品を研究開発し、量が大きく面の広い科学計器機器を発展させ、スペクトル、クロマトグラム、質量スペクトル等汎用計器の小型化、携帯化、専用化を推し進め、既存の計器機器の総合的な利用を強化する。国産科学計器の利用とモデル化を推進し、国産の優良科学計器機器の幅広い利用を実し、関連産業とサービス業の発展を牽引する。

(5)新エネルギー

 風力発電、太陽エネルギー太陽光、太陽エネルギー熱利用、新世代バイオマスエネルギー、海洋エネルギー、地熱エネルギー、水素エネルギー、新世代原子力エネルギー、スマートグリッドとエネルギー貯蔵システム等のキー技術、設備及びシステムを積極的に発展させる。風力発電、高効率太陽エネルギー、バイオマスエネルギー、スマートグリッド等科学技術産業化工程を実施する。健全な新エネルギー技術のイノベーション体系を構築し、新エネルギー利用の先進的な適用技術とモデルの研究開発の促進を強化し、効果的に新エネルギーの生産、運搬、消費を連携させ、持続的性のある産業、の発展を促進する。

新エネルギー産業技術

 風力発電→5兆ワット以上の風力発電ユニットの本体及びキー部品の設計、陸上大型風力発電所と海上風力発電所の設計と運営、核心機器の部品製造、併合網、送電網の制御と運営維持管理等のキー技術を重点的に発展させ、風況分析から風力発電ユニット、風力発電所、風力発電併合網までの技術システムを形成する。100兆ワット級海上モデルの風力発電所、10000兆ワット級陸上モデルの風力発電所建設を積極的に推進し、近海と陸上における風力発電の産業技術を世界先進レベルに達するよう推進する。

 高効率太陽エネルギー→大型太陽光システム設計集約、高効率低コスト太陽電池、薄膜太陽電池、太陽エネルギー熱発電等キー技術、モジュールとフルセット設備を重点的に発展させる。太陽エネルギー発電の全産業チェーンの核心技術、生産技術と設備を開発する。“金太陽”等モデル工程の実施を拡大し、サービス体系の構築を強化、大規模な普及利用を実現する。

 バイオマスエネルギー→メタンガスの車用燃料の生産、繊維素ベース液体燃料、農業廃棄物ガス化分裂分解液体燃料、バイオディーゼル油、非穀物作物燃料アルコール、250~500トン/日シリーズのバイオマスガス開発利用等のキー技術と設備を重点的に発展させる。バイオガス、都市と工業ゴミエネルギー化、バイオ液体燃料、固体成型燃料、エネルギー植物の良種選択成育及び定向成育等5つのテーマの研究開発を強化し、重点地域で “十城百座”等のモデル工程を実施し、10~20本のバイオマスエネルギー生産ラインとフルセット設備製品供給システムを形成する。

 スマートグリッド→大規模間欠式電源併合網とエネルギー貯蔵、高密度多点分布式電流併合網、電気自動車充電施設と送電網の双方向協調運行技術、分布式エネルギー供給、大送電網スマート分析と安全安定制御システム、送変電設備スマート化等の核心技術を重点的に発展させる。百万千ワット級海上風力発電所送出、大送電網スマート管理と制御、スマート変発電所等モデル工程を建設し、スマートグリッドモデルパークと集約総合モデル地区を建設する。

(6)新材料

 新型機能とスマート材料、先進構造と複合材料、ナノ材料、新型電子機能材料、高温合金材料等キー基礎材料を大きく発展させる。高性能繊維及び複合材料、先進レアアース材料等科学技術産業化工程を実施する。新材料の設計、調合加工、高効率利用、安全な使用、低コスト循環再利用等のキー技術を開発し、キー材料の供給能力を引き上げ、新材料の利用技術とハイエンド製造のレベルを引き上げる。

新材料産業技術

 高性能繊維及び複合材料→高性能繊維の大規模調合の安定化と低コスト調合のキー技術について重点的にブレークスルーを進め、高強・高強中模・高模と高模高強のカーボン繊維製品シリーズを形成し、自ら知的所有権をもつ新世代高性能繊維の発展を加速化させ、複合材料用キー原材料調合を開発し、複合技術を強化する。エネルギー、交通、工業、生活等の分野で用いる複合材料のグレードアップ、バージョンアップを促し、高性能繊維及び複合材料の整った産業チェーンを構築する。

 先進レアアース材料→分離純化化合物及び金属ハイエンド機能材料の全産業チェーンでの利用を促し、高性能レアアース永久磁石、触媒、水素貯蔵と発光等材料の調合、産業化利用キー技術のブレークスルーを進める。高純度レアアースの化学工業助剤、軽金属合金、鉄鋼等材料中での利用レベルを向上させ、レアアース材料のバランスのとれた利用を促す。知的所有権の保護と基準制定を強化し、レアアース材料分野のイノベーション型企業を育成する。

(7)新エネルギー自動車

 “純電気駆動”技術モデルチェンジ戦略を積極的に実施し、新エネルギー自動車科学技術産業化工程を実施する。 “三縦三横”の研究開発整備を堅持し、“三縦三チェーン”産業技術イノベーション戦略連合を構築する。核心技術を全面的に把握し、完成車におけるシステム技術成果の産業化と大規模化モデルを加速化させ、完成車及び部品工業体系を形成させ、新エネルギー自動車インフラ、産業標準体系と検査測定システムを構築し、わが国は新エネルギー自動車産業先進国の仲間に加わる。

新エネルギー自動車産業技術

 新エネルギー自動車→キー部品技術(電池-電機-電気制御)、完成車集成技術(ハイブリッド力-純電気駆動-次世代純電気駆動)と公共プラットフォーム技術(技術標準法規-インフラ-測定評価技術)の研究を重点的に推進する。“十城千輌”工程を継続して実施し、国際的に知名度のあり、自主知的所有権をもつキー部品と完成車企業を形成する。2015年に、23の重点技術についてのブレークスルーを進め、30以上の都市で大規模化モデルを普及させ、5以上の都市で新型商業化モデルパイロット事業での利用を進める。電気自動車の保有数は100万台、生産額は1000億元を超える見通しである。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468