トップ >政策人材政策海外人材呼び戻し政策> 長江学者奨励計画

長江学者奨励計画

正式名称: 長江学者奨励計画
実施部門: 教育部、香港李嘉誠(りかせい)基金会  ※注
開始時期: 1998年

中国政府が取り組む海外人材呼び戻し政策

 国内外の優秀な学者を中国の高等教育機関に招致し、国際的なトップレベル人材を養成することを目的とした計画。対象者には、 ①長江学者特別招聘教授や講座教授のポストが与えられる。また、② 任期中に大きな学術成果を上げた者に対しては、長江学者業績賞が与えられる。

対象:

 科学研究及び教職に従事している満45歳以下の国内外の学者。

処遇:

 対象者には、①給与や保険などが支給されると同時に、年 間10万元の手当てが補給される。②任期中に大きな学術成果を上げた場合には「 長江学者業績賞」と して、1 00万元あるいは50万元の奨励金が贈られる。

実績・成果:

 1998~2006年の間に、97校の高等教育機関で799人の特別招聘教授と308人の講座教授が採用された。多 くの学者が国の重大科学研究プロジェクトを担当しており、一 部では重要な成果を上げている。2006年までに、14名が「長江学者業績賞」を授賞し、 24名が中国科学院あるいは中国工程院の院士に選出された。

対象者のプロファイル:

  • 国外での留学、勤務経験者は全体の94%、 博士号取得者は全体の98%
  • 着任時の平均年齢は42歳、最年少は30歳。

 「長江学者奨励計画」の影響を受け、広東、四川、湖北などの多くの地域では、それぞれ「珠江学者計画」、「天府学者計画」、「楚天学者計画」などの人材招致計画を設けた。こ れらの取り組みは高等教育機関における人材導入に貢献している。

※2008年3月調査現在

(出典) 教育部長江学者奨励計画、李嘉誠基金会ホームページより作成


注:香港李嘉誠(りかせい)基金会は1980年に、香港最大の企業集団・長 江グループ創設者李嘉誠(りかせい)によって設立されたチャリティーである。李 嘉誠(りかせい)は華僑としては世界最大の資産家でもあるが、少年時代に苦難な生活をしたため、事業成功後、熱 心に公益事業を支援している。李嘉誠(りかせい)は李嘉誠(りかせい)基金会を通じて、多 額の資金を中国の教育や医療関係機関に寄付している。


長江学者奨励計画」の全般について紹介しているサイト。教育部人材発展弁公室により運営。


中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2018/6/15更新
「キャッチアップする新興国の悩み」

富坂聰が斬る!

New

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

New

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/5/1更新
「2018年政府活動報告のポイント」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/5/30更新
「中国の債務問題再説」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/5/11更新
「中国政治家のユーモアセンス」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

科学技術トピック

New

2018/5/30更新
最新テーマ:ライフサイエンス

取材リポート

2018/5/24更新
「中国向けロボット輸出急増 前年比49.0%増の過去最高額に」

中国の法律事情

2018/6/13更新
「司法の公正は誰が作るのか?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2018/6/20更新
「―元重慶総領事 瀬野清水さんに聞く―きっかけを転換点に、日中新時代を切り開く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/6/1更新
「内藤湖南と『燕山楚水』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:59,124,264