第86号 中国科学技術月報

中国科学技術月報2013年12月号(第86号)  2013.12.1発行

Science Portal China メールマガジンのご案内

 中国科学技術月報では、科学技術関係機関のリーダーへのインタビュー記事をはじめ、 今現在の中国の飛躍的な発展振りを伝える現地レポート、中国科学技術最新トピックなどをご紹介しています。

 無料配信中のScience Portal China メールマガジンでは、当科学技術月報の最新トピックを毎月一回、各種イベント情報なども随時お知らせしています。ぜひご活用ください。

 ※登録ボタンより、JSTメールマガジンの「サイエンスポータルチャイナ メールマガジン」をご登録ください。

科学技術トピック

中国のエネルギー発展状況と政策

・・・ 白 泉(中国国家発展改革委員会エネルギー研究所、エネルギー効率センター副センター長、研究員)

柯隆が読み解く

共産党三中全会決議の評価

・・・ 柯 隆(富士通総研経済研究所 主席研究員)

和中清の日中論壇

影の銀行問題を考える(その3)

・・・ 和中 清( ㈱インフォーム 代表取締役)

取材リポート

優れた技能引き出す努力を OECD教育局次長提言

オンライン模倣品販売の対策は 米国、中国で急増

・・・ 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター

写真で見る中国国際教育展(その1)

写真で見る中国国際教育展(その2)

・・・ 石川 晶(中国総合研究交流センター

改革の全面的深化掲げたコミュニケ採択 3中全会

労働教養制度廃止 一人っ子政策も見直し 3中全会決定全文公表

中国の法律事情

中国の大気汚染防止の法制度および関連政策(Ⅶ)

・・・ 金 振(公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES) 気候変動・エネルギーエリア研究員)

日中交流の過去・現在・未来

和解はどのような可能性を拓くか―中国人強制連行・強制労働事件に向き合った裁判官たち―(その1)

和解はどのような可能性を拓くか―中国人強制連行・強制労働事件に向き合った裁判官たち―(その2)

和解はどのような可能性を拓くか―中国人強制連行・強制労働事件に向き合った裁判官たち―(その3)

・・・ 内田 雅敏(四谷総合法律事務所 弁護士)

文化の交差点

中国と日本の楓情緒

・・・ 朱 新林(文化伝播学院講師)

SPCトピック

交流促進の熱い思い共有―「第8回日中大学学長会議」中国・厦門大学で開催

・・・ 米山 春子(中国総合研究交流センター

中国研究サロン報告

政治文書と紳士協定尊重を 白西紳一郎日中協会理事長が強調

・・・ 中国研究サロン「日中交流の過去、現在、未来」/講師:白西 紳一郎(2013年11月14日開催)

中国関連書籍紹介リスト

2013年vol.2

2013年vol.1


新年のご挨拶

 

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/12/24更新
「習近平の反腐敗と囚人のジレンマ」

富坂聰が斬る!

2014/12/15更新
「左派の発言」

和中清の日中論壇

2014/12/2更新
「李克強改革は何を目指し、中国経済はどこに向かうか(その3)」

田中修の中国経済分析

2014/12/25更新
「2015年のマクロ経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2014/12/4更新
「内側から見た中国市場」

川島真の歴史と現在

2014/8/18更新
「第一次世界大戦と中国(2)中国外交の新展開」

露口洋介の金融から見る中国経済

2014/12/9更新
「利下げと小型零細企業の資金調達難」

科学技術トピック

New

2015/1/6更新
「中国著作権法第三次改正の進展及び争点」

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

2014/12/11更新
「中国の大気汚染防止の法制度および関連政策(18)」金振

日中交流の過去・現在・未来

2014/11/19更新
「天水会について―中国の天蘭線建設と日本帰国後の活動―」橋村 武司

中国の地域情報

中国の各地域の概説、記事へのリンク

日中の教育最前線

2014/10/27更新
「中国の中等職業教育の発展段階と改革動向」陸 素菊

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2014/12/22更新
「橋川時雄と『楚辞』」朱新林

中国実感

2014/12/25更新
「自黒(ツーヘイ)―ことばから見る社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:36,604,081