トップ >科学技術中国の研究機関> 中国社会科学院

中国社会科学院

編集:深圳市互聯港湾網絡技術有限公司(OFweek) 張小芳

3.機構の予算

1. 2015年財政支出収支予算総体状況

 中国社会科学院の2015年財政支出収支総予算は20億7718.39万元だった。一般公共予算支出が全収入を占め、政府性基金予算支出はない。収入の内訳は、当年の財政支出収入が19億7616.25万元で、前年からの繰越金が1億102.14万元だった。支出の内訳は、教育支出が64.8万元、科学技術支出が20億961.59万元、文化スポーツ・メディア支出が102万元、住宅保障支出が6590万元だった。

2. 2015年一般公共予算財政支出状況

(1)一般公共予算の当年の財政支出規模の変化状況

 中国社会科学院の2015年の一般公共予算の当年財政支出は19億7616.25万元で、2014年の執行数に比べて5389.22万元増えた。国家発展改革委員会が手配した基本建設支出項目予算の要素を除くと、2014年の執行数から1億335.22万元増えた。これは主に、哲学社会科学革新プロジェクトの全面的推進に伴って増加した経費である。

(2)一般公共予算の当年の財政支出の構成状況

 教育(類*)支出が64.8万元で構成比は0.03%、科学技術(類)支出が19億881.45万元で96.59%、文化(類)支出は80万元で0.04%、住宅保障(類)支出は6590万元で3.34%だった。

(*注:予算科目は大きい順から「類」「款」「項」に分かれる)

(3)一般公共予算の当年の財政支出の具体的な使用状況

  • 1)外交(類)その他の外交支出(款)その他の外交支出(項)の2015年の予算額は0元で、2014年の執行額から255万元減少し、減少幅は100%だった。主に、2014年の研究プロジェクトが1回だけのもので、2015年にはこの項目がなかったためである。
  • 2)教育(類)普通教育(款)高等教育(項)の2015年の予算額は64.8万元で、2014年の執行額から9.6万元減少し、減少幅は12.9%だった。主に、大学院生の募集数が減って経費が減少したためである。
  • 3)教育(類)研修・訓練養成(款)訓練養成支出(項)の2015年の予算額は0元で、2014年の執行額から50万元減少し、減少幅は100%だった。主に、中国社会科学院の代理管理団体である中国地方誌指導グループ事務室が2015年にこの項目の支出を減少させたためである。
  • 4)科学技術(類)応用研究(款)社会公益研究(項)の2015年の予算額は70万元で、2014年の執行額から86.99万元減少し、減少幅は55.41%だった。主に、2014年に組織された1回限りの低炭素研究活動が完了したためである。
  • 5)科学技術(類)科学技術条件・サービス(款)科学技術条件特別項目(項)の2015年の予算額は3260万元だった。中国社会科学院の科学研究棟の修繕などを中心に用いられ、2014年の執行額から3255万元減少し、減少幅は49.96%だった。主に、2014年に組織された1回限りの修繕・購入項目が完了したためである。
  • 6)科学技術(類)社会科学(款)社会科学研究(項)の2015年の予算額は15億1177.82万元で、2014年の執行額から1億2514.95万元増加し、増加幅は9.03%だった。主に、2014年に中国社会科学院が哲学社会科学革新プロジェクトを全面的に推進し、二級予算団体を新設し、財政支出がこれに応じて増加したためである。
  • 7)科学技術(類)社会科学(款)その他の社会科学支出(項)の2015年の予算額は3億3273.63万元で、2014年の執行額から2799.14万元減少した。国家発展改革委員会の手配した基本建設支出項目予算の要素を除くと、2015年の財政支出予算は3億2131.63万元で、2014年の執行額から2146.86万元増加し、増加幅は7.16%だった。主な原因は、中国社会科学院の研究生特別項目経費の基準が上がったことによる経費の増加と、2015年の中国社会科学院の電力容量増加プロジェクトが始動したことによる特別項目経費の増加である。
  • 8)科学技術(類)科学技術交流・協力(款)国際交流・協力(項)の2015年の予算額は3100万元で、2014年の執行額から600万元増加し、増加幅は24%だった。主に、2015年に中国社会科学院が二級予算団体を新設したことによる財政特別項目経費の増加に伴うものである。
  • 9)文化スポーツ・メディア(類)文化(款)文化創作・保護(項)の2015年の予算額は80万元で、2014年の執行額から20万元減少し、減少幅は20%だった。主に、全国「格薩爾(格斯爾)」(注:チベット・モンゴル地区に伝わる神話)文化遺産一括保護プロジェクトの予算が減少したためである。
  • 10)文化スポーツ・メディア(類)その他の創作・保護(款)文化産業発展特別項目支出(項)の2015年の予算額は0元で、2014年の執行額から2000万元減少し、減少幅は100%だった。主に、2014年には1回限りの研究プロジェクトがあり、2015年にはこの項目がなくなったためである。
  • 11)社会保障・就業(類)人的資源・社会保障管理事務(款)その他の人的資源・社会保障管理事務(項)の2015年の予算額は0元で、2014年の執行額から100万元減少し、減少幅は100%だった。主に、2014年には1回限りの研究プロジェクトがあり、2015年にはこの項目がなくなったためである。
  • 12)住宅保障支出(類)住宅改革支出(款)住宅公積金(積立金)(項)の2015年の予算額は3400万元で、2014年の執行額から200万元増加し、増加幅は6.25%だった。主に、2015年の住宅公積金の納付基数が増加したためである。
  • 13)住宅保障支出(類)住宅改革支出(款)賃貸補助(項)の2015年の予算額は890万元で、2014年の執行額から50万元増加し、増加幅は5.95%だった。
  • 14)住宅保障支出(類)住宅改革支出(款)住宅購入補助(項)の2015年の予算額は2300万元で、2014年の執行額から800万元増加し、増加幅は53.33%だった。主に、中国社会科学院の住宅購入補助の発給の順序に照らして、2015年の国家住宅改革政策が発給範囲と規定する財政支出を計算したためである。

3. 2015年一般公共予算基本支出状況

 中国社会科学院の2015年の一般公共予算基本支出は6億2779.65万元だった。そのうち人件費は4億9270.25万元で、これには主に、基本給、手当・補助、奨励金、社会保障、食事補助費、成果給、その他の賃金・福利支出、離職休養費、定年退職費、慰問救済金、生活補助、医療費、奨励金、住宅積立金、住居賃貸補助、住居購入補助、その他の個人と家庭に対する補助支出が含まれる。

 日常公用経費は1億3509.4万元で、これには主に、事務費、印刷費、諮問費、手続費、水道料金、電気料金、郵便電信費、暖房費、不動産管理費、出張費、修理・維持費、賃借費、会議費、研修費、公務接待費、専用材料費、労務費、委託業務費、労働組合経費、福利費、公用車運行維持費、その他の交通費用、税金・追加費用、その他の商品・サービス支出、専用設備購入、事務設備購入が含まれる。

4. 2015年の「三公」経費予算状況

 中国社会科学院の2015年の「三公」経費予算額は2164.05万元だった。そのうち公務による出国(境)費は474.93万元、公用車の購入・運行費は1630.46万元、公務接待費は58.66万元だった。

 2015年の「三公」経費は2014年に比べて113万元増えた。そのうち公務による出国(境)費は100万元増え、公用車の購入・運行費は13万元増え、公務接待費は2014年の予算額と横ばいだった。公務による出国(境)費と公用車の購入・運行費が増えた主な原因は、中国社会科学院に2015年に新たに加わった二級予算団体の申請した財政支出があったためである。

5. 中国社会科学院の2015年の政府性基金予算支出に関する説明

 中国社会科学院には政府性基金の収支予算はない。

6. 中国社会科学院の2015年の収支予算状況に関する総体説明

 中国社会科学院の2015年の収支総予算は26兆9803.45万元で、総合的な予算の原則に基づき、すべての収入と支出は、部門の予算管理に組み入れられた。収入には、前年の繰越金、公共財政予算財政支出収入、事業収入、その他の収入、事業基金による収支差額の埋め合わせが含まれる。支出には、一般公共サービス支出と教育支出、科学技術支出、文化スポーツ・メディア支出、住宅保障支出などが含まれる。

7. 中国社会科学院の2015年の収入予算状況に関する説明

 中国科学院の2015年の収入予算は26億9803.45万元である。そのうち前年の繰越金は1億102.14万元で3.74%、一般公共財政予算財政支出収入は19億7616.25万元で73.25%、事業収入は2億1724.5万元(主に大学院の教育費収入)で8.05%、その他の収入は4億222.56万元で14.91%を占めた。事業基金による収支差額の埋め合わせは138万元で0.05%を占めた。

8. 2015年の支出予算状況

 中国社会科学院の2015年の支出予算は26億9803.45万元で、そのうち基本支出は12億4816.71万元で46.26%、プロジェクト支出は14億4986.74万元で53.74%を占めた。

9. その他の重要事項の状況

(1)機関運営経費

 2015年の中国社会科学院の機関運営経費は、代理管理する公務員法に基づく事業団体の予算であり、合計205.4万元で、2014年の204.05万元から1.35万元増加し、増加幅は0.66%でほぼ横ばいだった。

(2)政府調達の状況

 2015年の中国社会科学院の各団体の政府調達予算の総額は3億5972.29万元で、そのうち政府の貨物調達予算は1億3452.58万元、プロジェクト調達予算は6803.64万元、サービス調達予算は1億5716.07万元だった。

(3)国有資産の保有・使用状況

 2014年6月1日時点で、中国社会科学院の各団体の保有車両は267台で、そのうち部級指導幹部用車が14台、一般公用車が244台、一般法執行・職務遂行用車が0台、特種専門技術用車が0台、その他の車両が9台だった。200万元以上の価値のある大型設備は2台(セット)あった。

 2015年の部門予算において購入が手配された車両は8台で、そのうちその他の用途の車両は5台、部級幹部用車が1台、新たに加わった2団体のために購入する一般公用車はそれぞれ1台だった。

(4)予算成果の状況

 2014年に成果目標管理が実施された項目は14項目あり、一般公共予算支出にかかわるものは2億2847.41万元だった。成果評価の試行の対象となった項目は4項目で、一般公共予算支出にかかわるものは8945.41万元だった。2015年に成果目標管理が実施される項目は55項目で、一般公共予算支出にかかわるものは5億9447.79万元、成果評価の試行の対象となった項目は6項目で、一般公共予算支出にかかわるものは1億8670.51万元だった。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/5/6更新
「経済対策よりサッカー対策」

富坂聰が斬る!

2016/3/28更新
「2016年全人代」

和中清の日中論壇

2016/4/28更新
「『中国製造2025』と日本企業の課題(その2)」

田中修の中国経済分析

2016/4/8更新
「2016年政府活動報告のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/5/13更新
「銀行間債券市場と外為市場の対外開放」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/4/28更新
「中国男子に割り勘なし」

科学技術トピック

New

2016/5/19更新
最新テーマ:
ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

New

2016/5/13更新
「急速にバリアフリー化進める中国 北京五輪がばねに」

中国の法律事情

New

2016/5/18更新
「双務的状況の例―信訪」

日中交流の過去・現在・未来

New

2016/5/16更新
「現代溌墨画技法の第一人者 馬驍氏インタビュー」

日中の教育最前線

2016/2/19更新
「中国東北地方の日本語教育の現況―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2016/5/20更新
「鋳剣の故郷、浙江省龍泉市に伝わる『龍泉宝剣』」

中国実感

2015/4/19更新
「毒舌(ドゥショウ)、娘娘腔(ニヤンニャンチャン):LGBTに対する社会認識の変化について―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:44,418,788