23-16 香港の国際収支

単位:億香港ドル
注:①国際収支バランスシートの規則に基づき、その標準構成部分の純貸方の数字はプラスで、純借方はマイナスで表示する。
②経常収支差額のプラスは余剰を、マイナスは赤字を表す。資本及び金融収支は、プラスは純資金のフローインを、マイナスは純資金のフローアウトを表す。対外資産の増加が借方に、減 少が貸方に属するため、マイナスの準備資産変動純額は準備資産の増加を、プラスは減少を表す。
③国際収支のバランス枠組下の準備資産変動純額の推計は取引データを指す。計算方式の変更(価格変動及び為替変動を含む)及び分類再編によりもたらされた影響は含まれない。
④原則上、貸方と借方の勘定科目の純総和はゼロになるべきである。しかし実際は、貸方と借方科目の資料は異なる出典から来ているため、様々な原因から
差異が生じる。貸方と借方の総和を等しくするためには、バランスを反映する「誤差及び漏洩」の余額の項目を付け加えなければならない。
標準構成部分① 2004 2005 2006 2007 2008@
経常収支② 1225.12 1569.33 1781.66 1991.60 2376.28
   貨物 -725.14 -593.47 -1,089.83 -1,536.72 -1,800.91
   サービス 1870.77 2311.57 2771.54 3284.88 3617.94
   収益 234.10 16.48 273.48 444.37 814.43
   経常譲渡 -154.61 -165.24 -173.53 -200.93 -255.18
資本及び金融収支② -1846.40 -1824.31 -2099.35 -2592.47 -2158.22
   資本譲渡 -25.61 -49.39 -29.00 103.38 169.09
   直接投資 -910.38 499.96 6.35 -525.77 239.15
   有価証券投資 -3063.68 -2450.17 -2078.79 -214.52 -2924.74
   金融デリバティブ 443.19 305.02 259.25 435.34 636.11
   その他投資 1964.92 -22.94 210.19 -1245.92 2360.85
   準備資産(変動純額)③ -254.86 -106.79 -467.35 -1144.98 -2638.69
純誤差及び漏洩④ 621.28 254.98 317.69 600.87 -218.06
全体の国際収支 254.86(余剰) 106.79(余剰) 467.35(余剰) 1144.98(余剰) 2638.69(余剰)

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

アクセス数:31043468