トップ >産学連携サイエンスパーク第2章 国家ハイテク産業開発区の現状> 第4節 産学官連携、イノベーション、外資導入などの状況

第4節 産学官連携、イノベーション、外資導入などの状況

第2項 イノベーション

 国家ハイテク産業開発区におけるイノベーションは多種多様に行われ続けている。計画経済体制の下ではとても考えられなかった国家ハイテク産業開発区と言う制度及びその具体化そのものも制度的なイノベーションである。国家がハイテク産業開発区に投入した資金は多くないが、多くの優遇政策を通じて、企業、科学技術者の創業への積極性を向上させた。ハイテク産業開発区は、まさに科学技術者の「創業楽園」(気持ちよく創業し成功へ向けて取組めるパーク)となった。

 伝統的な中央集権的な官僚制を変えるために、区域ごとの産業政策を制定し、地方政府の積極性を引き出した。技術領域においては、研究開発の市場指向に一層力を入れたことにより、生まれる技術が増えただけでなく技術の移転も加速した。技術への投資による経済的な効果が更に増大したため、海外からの投資も増えた。

 「技術移転の重視」、「地方のハイテクパークの一層の専門化」、「国家経済貿易委員会や国家発展計画委員会(現在の国家発展改革委員会)などの部門からのハイテクへの投資」、「多国籍企業の研究開発資源の利用」、「中国で設立された海外R&Dセンターに対する、国内R&Dセンターと同等の政策適用」、「留学生の創業に対する支援」といったさまざまな政策は、まさに政策的なイノベーションの例示となろう。

 国家ハイテク産業開発区は、その内部構成、運営管理、及び発展拡大のプロセスの中で、国家と地方が提供している良好な設備環境をもとに高度成長を実現させたと同時に、技術イノベーション、開発イノベーション、ひいては産業イノベーションを通じて、中国のコンピュータ、新素材、生物プロジェクト、光学設備、機械設備、電力設備の一体化、新エネルギーと環境保護などの産業発展のための重要な基盤となった。

 また、中国各地に開設された国家ハイテク産業開発区では、さまざまな分野の科学技術成果をもとに、多くの新興企業が次々に成長している。売上高の約50%は電子・情報技術分野の新興企業であるが、それに次いで新エネ・省エネ技術や環境保護技術に関連する新興企業も売上高の約20%を占める健闘を見せている。新エネルギー技術の例を挙げると、リチウム二次電池のように、従来日本の技術力が圧倒的に優位であった分野において、日本製品を抜いてシェアを拡大する中国製品も現れてきている。

 ハイテク産業開発区における新興企業の短期間での売上上昇に、科学技術成果が結びついている点が特長である。2007年の54国家ハイテク産業開発区の年間生産高は1兆2048億元に達した。中国の工業生産全体を上回る年率30%以上の成長を維持し、中国経済の急速な発展をリードする動力となっている。まさに54の国家ハイテク産業開発区は今や中国の自主革新の拠点となった[2]と言える。

 こうした短期間の急速な発展を支える要因の一つに、過去20年間にわたり中国が独自に構築してきたイノベーションシステムが指摘されている[3]。これは国家ハイテク産業開発区などのインフラ整備にとどまらず、海外の優秀な中国人研究者を呼び戻す「海亀政策」などの人的資源拡充にも重点を置くもので、このようなシステムの中で、大学の先端研究成果が速やかに新興企業の事業成長に繋がる成果をあげている。こうしたイノベーションシステムが有効に機能している可能性が高い[4]


[2] 中国国際放送局「ハイテクゾーンが中国技術革新の拠点に」2007年11月30日。

[3] 角南篤「中国の科学技術政策とイノベーションシステム―進化する中国版『産学研・合作』―」、PRI Discussion Paper Series. No.03A‐17、C経済産業研究所(2003年)。

[4] 前田征児「中国の直面する環境・エネルギー問題と日中技術協力の可能性」科学技術動向研究(2006年7月)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468