トップ >教育> 中国地質大学

中国地質大学

大学名称 中国地質大学(China University of Geosciences,Wuhan)
ウェブサイト http://www.cug.edu.cn/
主管部門 教育部 中国地質大学
本部
所在地
省・市 湖北省
番地 湖北省武漢市洪山区魯磨路388号
電話番号 027‐67883995
面積(㎡) 土地 1,098,327
校舎 832,197
沿革 中国地質大学の前身は1952年に北京大学清華大学、北洋大学(現・天津大学)、唐山鉄道学院(現・北京交通大学)、中国鉱業学院の地質学科が合併して成立した「北京地質学院」である。1970年に湖北省へ移転し「湖北地質学院」、1975年に「武漢地質学院」に改称。1978年に北京の元キャンパスに「武漢地質学院北京研究生部」を設立。1987年、国家教育委員会は中国地質大学を武漢と北京の2カ所で承認した。本部は武漢にある。
特色 教育部直轄で国土資源部が共同建設する重点大学。国家「211プロジェクト」指定校の1つ。地球システム科学を主要領域として、応用科学、先端科学を重点発展学科とする学科体系を構築しており、地球規模での資源環境領域における研究に人材を輩出する重要な基地となっている。
学部・
大学院構成
地球科学、資源学、材料・化学、環境学、工学、地球物理・宇宙情報学、海洋学、機械・電子情報学、自動化、経済管理学、外国語、情報工学、数学・物理学、公共管理学、計算機学、芸術学・メディア学、マルクス主義学、遠隔・継続教育学、国際教育学
大学付属病院
国家指定 211プロジェクト 985プロジェクト
予算(2016年、万元) 346,215
院士数(2016年) 中国科学院 10 中国工程院
学生数
(2016年調査時)
普通本科 18,076 普通専科
成人本科 2,231 成人専科 1,366
博士 1,643 修士 5,212
在校生合計 29,161
専任教員数
(2016年調査時)
正高級 421 副高級 498
中級 678 初級 160
その他 専任教員合計 1,757
研究活動
国家重点学科 理学:
(一級学科)地質学
工学:
(一級学科)地質資源及び地質工学
国家重点実験室 地質過程・鉱産資源国家重点実験室、生物地質・環境地質国家重点実験質
科学技術経費(2014年収入、千元) 499,699
国際交流(2016年調査時データ)
留学生数・寄宿舎数 留学生:約600名
海外大学との交流
(協定校数)
米国や英国、ロシア、ウクライナ、日本、韓国等、80以上の国・地域の約120の大学や研究機関と交流・協力を行っている。2012年に、米スタンフォード大学やオーストラリアのマクオーリー大学、香港大学、オックスフォード大学等、12の大学との間で「地球科学国際大学連盟」を設立した。