トップ >イベント情報> 第129回中国研究会「中国の社会保障改革にみる福祉ミックスの動向」のお知らせ(2019年7月26日開催/講師:澤田 ゆかり)

第129回中国研究会「中国の社会保障改革にみる福祉ミックスの動向」のお知らせ(2019年7月26日開催/講師:澤田 ゆかり)

科学技術振興機構 中国総合研究・さくらサイエンスセンター第129回研究会のご案内

各位

 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 さてこの度、科学技術振興機構中国総合研究・さくらサイエンスセンターでは、第129回中国研究会を下記のように開催いたします。

 今回は東京外国語大学の澤田ゆかり教授をお招きし、「中国の社会保障」をテーマとして講演いただきます。社会保障は安定した経済発展を支えるために必要不可欠な制度です。一人っ子政策等を背景に、急速な高齢化社会を迎えた中国が直面している問題を紐解くことは、日本にとっても大きなヒントになります。

 皆様のご参加をお待ちしております。

演題:中国の社会保障改革にみる福祉ミックスの動向

講演概要

 中国の社会保障制度は、いま大きな曲がり角にさしかかっている。これまでの改革は、公的年金や医療など社会保険の範囲を農村にまで拡大した。この方針は加入者数の大幅な増大につながったが、同時に社会保険基金の収支を悪化させ、財政補助への依存度を高める結果となった。少子高齢化の進展により、さらなる財政投入が今後も必要になると予想されるが、経済成長が鈍化するなかで中国政府はむしろ内需拡大に向けた減税政策へと舵を切った。本講演では、社会保障改革が直面する問題を分析するとともに、新たな福祉ミックスの兆しについて考察する。

澤田ゆかり

澤田 ゆかり(さわだ ゆかり)氏:
東京外国語大学総合国際学研究院 教授

略歴

1986年、東京外国語大学大学院地域研究科卒。1986年、アジア経済研究所に入所。香港大学アジア研究センター客員研究員、神奈川大学外国語学部助教授を経て、現職。専門は、中国・香港の社会保障、ジェンダー、労働問題。
著書に『高まる生活リスク ―社会保障と医療 (中国的問題叢書10)』(岩波書店、2010年、飯島渉氏との共著)。編著『『植民地香港の構造変化』アジア経済研究所、1997年。『ポスト改革期の中国社会保障はどうなるのか』(ミネルヴァ書房、2016年、沈潔氏との共編)ほか。

日 時: 2019年7月26日(金)15:00~17:00(14:30より開場・受付開始)

言 語: 日本語

会 場: 科学技術振興機構(JST)東京本部別館1Fホール

〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町 ( 市ヶ谷駅からの道順

map

お申し込み

【お申込みへ】ボタンよりお申込み画面へお進みください。

※参加は無料ですが、事前登録された方に限らせていただきます。

※WEB登録されますと「第129回中国研究会参加お申し込み完了のお知らせ」メールが自動返信されますので、同メールをプリントの上、研究会当日に受付までお持ちください。

お申し込み

お問い合わせ
国立研究開発法人科学技術振興機構 中国総合研究・さくらサイエンスセンター
E-mail: crc mail
TEL:03-5214-7556  FAX:03-5214-8445