電子パスポート、15日より中国全土で発行へ

2012年 5月4日

 全国の公安機関は今月15日より電子パスポートの発行を開始する。電子パスポートは偽造防止性が大きく高まったほか、申請手続きに際し指紋採集などの内容が加わった。中国広播網が3日に報じた。

 データによると、中国の普通パスポートの年間発行数は、90年代中期には100万冊だったのが、現在は1000万冊に増えており、しかも毎年約20%の割合で急増しつつある。2004年から現在までに、電子パスポートを採用する国は世界90カ国あまりに達した。中国の電子パスポート発行もこの世界の流れに沿うものだ。

 公安部の責任者によると、新しい電子パスポートには関連の国際基準に従いICチップが埋め込まれており、チップの中にはパスポート所有者の氏名、生年月日、写真などの基本情報が保存されている。信頼性の高いICチップおよびデジタル署名技術が導入されているだけでなく、物理的な偽造防止面でも新たな技術と材料が大量に採用され、偽造防止性が全体的に高まった。ただし、電子パスポートには敏感な電子部品が埋め込まれているため、その性能を保つためには折り曲げたり、穴を開けたり、極端な温度・湿度などの環境においてはならない。

 電子パスポートの申請条件、有効期間、費用などは従来のパスポートと変わらないが、申請手続きに申請者の指紋採集と署名などが加わったという。

 また、パスポートのデザインも中国らしさをより強調したものとなっており、人文、歴史、地理、民俗など多方面にわたる中国の特色あるデザインが取り入れられている。

 このほか、電子パスポートは個人情報保護の面を十分に考慮している。国際基準に従い、チップのデータ読み取りには専門の保護措置を採用し、チップ内の個人情報のセキュリティが保障されている。またチップ内に保存された指紋データは二重パスワードによる保護がかけられており、中国のパスポート発行機関と国境検査機関で専門の設備を使わない限り読み取れないようになっている。

 将来的には、電子パスポートのチップに保存された写真と指紋の画像を使って、中国の国境検査をセルフサービスで通過できるようになる見通しで、出入境がより便利になる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468