8月に各種の天文現象 ペルセウス座流星群など

2012年 8月1日

中国科学院紫金山天文台は1日、8月に観測できる「天文ショー」のスケジュールを発表した。それによると、▽ペルセウス座流星群▽金星食▽金星西方最大離角▽水星西方最大離角▽火星・土星・スピカの接近▽海王星の衝(地球から見て太陽と正反対の方向に見える)――の6つが8月の主な天文現象となる。中でもペルセウス座流星群では1時間に平均数十個の美しい流星が観測できる。中国新聞網が報じた。

 ▽ペルセウス座流星群

 ペルセウス座流星群は、毎年安定的に多くの流星が出現する「北半球三大流星群」の1つで、毎年7月下旬から8月中旬にかけて活動し、8月中旬(8月11日―15日)に極大を迎える。ピークには1時間に数十個の美しい流星が観察できる。

 今年の極大の頃は下弦の月で、夜半前は月明かりの影響を受けること無く観測できる。国際組織の予測によると、今年のペルセウス座流星群の極大は北京時間8月12日夜8時―10時30分に出現し、「放射点(流星が飛び出す中心)」における1時間あたりの流星数は100個以上に達する見込み。しかし、中国の大部分の地域では、夜10時の時点でも放射点の高度が30度以下であるため、実際に観測できる流星数は予測値の半数以下となる。

 ▽金星食

 星食とは、月がある天体の前を通過する事によって、その天体が月に隠される天文現象を指す。星食の時間は最長でも1時間あまりだ。金星食は全ての星食の中でも最も観賞価値が高い。

 金星は月の明るく輝く側から月の後ろに隠れ始め、月の影になっている部分から再び姿を見せる。中国の一部地域では8月14日早朝、この金星食が見られる。うち、東北地区では全プロセスを観測できるほか、華北・華東では食の終わりまで観測でき、その他の地域では金星と月の接近が観測できる。

 ▽火星・土星・スピカの接近

 8月22日、火星の色は赤く、土星は黄色を帯びて見える。スピカは白い恒星だ。そこへさらに月が現れ、3天体が月に接近する様子が観測できる。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468