国務院 「原発強国」の目標を明確に提起

2012年 8月7日

 国家核電技術公司のチーフエコノミスト・蓋其慶氏はこのほど行われた「中国電力デー」のイベントにおいて、「国務院常務会議はこのほど『原子力発電安全計画』に原則的に同意し、『全面的な原発強国建設』の目標を明確に提起した」と指摘した。世界各国が原発を再起動させる中、中国も原発強国へ向けて静かに歩み出した。

 新たに打ち出された原発発展ロードマップによると、中国は今後原発の発展において「プロジェクト駆動型」から「技術駆動型」への転換を図るという。「導入・消化・吸収・再革新」を通じて急速に発展した第3世代原子炉が、将来の原発技術の主流となる。

 世界経済において、原発は低炭素経済を発展させる上での優先的な選択肢であるのみならず、強国技術の重要なシンボルでもある。米国・フランス・日本など伝統的な原発強国から、韓国などの新興原発国家にいたるまで、多くの国が重要技術と市場を攻略すべく、さまざまな手段を講じて原発資源を統合し、原発産業の発展を加速している。

 蓋氏は「原発は今まさに、単一技術の競争から全産業チェーンを巻き込んだ競争へと発展しつつある。競争主導だった時代が過ぎ、協力と競争を共に重んじるようになり、企業間の競争から国家間の競争へとアップグレードした」としたほか、「中国の第3世代原子炉の発展は新たな情勢を迎え、すでに標準化、大量生産化、自主化発展の条件を基本的に備えた。これにより、中国に安全かつ経済的で、便利なクリーンエネルギーがもたらされるだけでなく、中国の設備製造業、冶金、材料、電子、情報分野の技術革新および産業のアップグレードが牽引され、安全かつ高効率な原発工業体系が完備されるだろう」と指摘した。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468