体重ごとに耐えられる風力が違う? ネット上で議論

2012年 8月9日

 台風11号「ハイクイ」の影響で、浙江省・江蘇省・上海市などでは激しい風と雨に見舞われている。上海の一部地域では最大風速が10級?12級(風速24.5-32.6m/秒)に達した。

 これを受け、ネットユーザーの間では、「体重が少ない人は、大風に吹き飛ばされてしまうるかもしれない」との議論が持ち上がり、ついには体重別に耐えられる風力を示した表まで登場した。東方網が報じた。

 表によると、体重が40?45キロ(80-90斤)の人は7級(風速13.9-17.1m/秒)の風までしか耐えられない。10級(風速24.5-28.4m/秒)の大風に耐えるためには体重が80キロ(160斤)以上は必要だ。これを見た「太めの人」の多くが「ついに自分の取り柄を発見した」と喜びのコメントを寄せているが、一体、体重と風力の関係は本当なのだろうか?

 上海市気象局の首席服務官・孔春燕氏に訪ねてみたところ、ネットで広まっている体重と耐えられる風力の関係は、物理的にそれなりの道理はあるが、気象部門はこの方面の研究をしたことが無く、確認はできないという。

 気象的に見ると、風力階級は風速に基づいて以下のように区分されている。

 0級:風速0.0-0.2m:煙がまっすぐに昇る。

 1級:風速0.3-1.5m:少なめの煙が風でややなびく。

 2級:風速1.6-3.3m:顔に風を感じる。

 3級:風速3.4-5.4m:木の葉がたえず動く。旗がはためく。

 4級:風速5.5-7.9m:小枝が動き、紙片が舞う。

 5級:風速8.0-10.7m:葉の茂った樹木がゆれる。

 6級:風速10.8-13.8m:傘の使用が困難となる。

 7級:風速13.9-17.1m:風に向かうと歩きにくい。

 8級:風速17.2-20.7m:小枝が折れる。

 9級:風速20.8-24.4m:屋根の瓦が落ちる。

 10級:風速24.5-28.4m:樹木が根こそぎになる。ただし、これは樹木が長い間10級レベルの圧力を受けた場合で、すぐに倒れるというわけではない。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468