2012年08月06日-08月10日
トップ  > 科学技術ニュース>  2012年08月06日-08月10日 >  調査:約7割が携帯で五輪情報にアクセス

調査:約7割が携帯で五輪情報にアクセス

2012年08月09日

 モバイルインターネットの台頭に伴い、ニュース取得の手段が変わりつつある。ロンドン五輪はその大きなきっかけとなった。調査機関・零点研究コンサルティンググループが発表した報告「2012年ロンドン五輪メディア調査研究」によると、携帯を使って五輪の関連情報にアクセスしているとした回答者は3分の2に上り、ニュースアプリもしくは他のアプリを使って五輪情報を取得している人は6割に達した。銭江晩報が報じた。

 調査結果によると、ロンドン五輪開幕後、携帯で五輪情報にアクセスしているユーザーは65.12%に上った。このほか、ノートパソコンは64.45%、デスクトップパソコンは57.14%、タブレットPCは14.95%だった。

 同報告は「携帯を使って五輪情報にアクセスする人が多いが、その主な原因は、便利さ・スピーディーさだ」と指摘した。

 携帯を使った五輪情報の取得方法のうち、ニュースアプリ又はその他のアプリを使っている人は61.1%、ブラウザを開いてモバイルニュースサイトを訪問する人は28.1%、通信キャリアによるモバイルニュースを利用する人は9.3%だった。

 捜狐(SOHU)、網易(NETEASE)、騰訊(テンセント)、百度(BAIDU)など大手ポータルサイトは五輪開催前、報道に向けて全面的に準備を整え、ニュースアプリは携帯によるニュース取得の「最重要装備」となった。

 調査会社・易観国際のデータによると、ニュースアプリはモバイル端末で五輪情報にアクセスする上での第一選択となっている。モバイルアプリ、モバイルサイト、ミニブログ、ショートメール、モバイルニュースの中で、モバイルアプリを選んだ人は81.3%に達した。うち、捜狐のニュースアプリはシェア32.1%で4大ポータルサイト(新浪、捜狐、網易、騰訊)のうちトップに立った。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます