8時間座りっぱなしで仕事 エコノミー症候群に

2012年 8月13日

 重慶のある広告会社で働く陳芳さん(25)は、広告コピーを完成させるため、毎日8時間以上パソコンの前に座り続けている。先週、陳さんは突然ふくらはぎに痛みを感じた。エアコンの効いた部屋で長時間座っていたため冷えたのだと思い、火罐(吸い玉)を試したが、その後も痛みは消えないばかりか、むしろ悪化した。そこで、第三軍医大学西南病院病院で診てもらったところ、エコノミー症候群であることが分かった。中国新聞網が報じた。

 同病院循環器科の遅路湘主任は「エコノミー症候群は飛行機に乗る人だけがかかるわけではない。例えば飛行機など、狭い空間で長時間座ってばかりいると、下肢の静脈の血流が悪くなり、ふくらはぎに血栓ができる。もしこの血栓が血流に乗って肺へ流れ肺動脈が詰まると肺塞栓症となり、突然死を招く可能性もある」と語る。足を曲げて同じ姿勢を4時間以上続けていると、エコノミー症候群になる可能性が高まるという。

 遅主任は「若いホワイトカラーの心臓血管疾患は座りっぱなしが原因であることが多い。座ってばかりで動かないと、血液の循環が悪くなり、血液の粘度が高くなり、心筋収縮能が低下する。これが長時間続くと動脈硬化、冠動脈性心疾患、脳卒中などのリスクが高まる」とし、「長時間座って仕事をする人は昼食後に軽い運動をすると良い。足をマッサージしたり、胸を広げたり、廊下や階段でウォーキングをするのも良い。ずっと座ってばかりは良くない」とした。

※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468